山中伸弥

時事通信社

山中伸弥教授が国会で答弁 不正防止に「ノートの記録が大切」 理研への影響は?

iPS細胞でノーベル賞を受賞した京都大学の山中伸弥教授(51)は4月4日、国会で答弁し、研究不正の防止策として「ノートの記録が大切」との考えを示した。山中教授の発言は、STAP細胞論文を発表した小保方晴子さんらが所属する理化学研究所(理研)が目指している「