読売新聞

石破茂氏「国民にはかなりショック」 安倍首相の「読売新聞を読め」発言を分析

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年07月14日

(首相は)ご自身を支持している団体には国家の重要政策を発表するが、多くの一般国民は疎外感のようなものを感じたのではないか。

「プレミアムフライデー、3人に1人が参加」 自画自賛広告に疑念。『早く帰らなくてもOK』になぜかすり替わってる

生田綾 | 投稿日 2017年06月27日
生田綾

5回目のプレミアムフライデーが間近に迫った6月27日、読売新聞の朝刊に「プレミアムフライデー 定着の兆し」との見出しで全面広告が掲載された。

「出会い系バー」報道が波紋 読売新聞は「公共の関心事」と説明

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年06月12日

読売新聞が、前川喜平・前文部科学事務次官が「出会い系バー」に通っていたと報じた5月の記事が、波紋を呼んでいる。

読売新聞は死んだに等しい

郷原信郎 | 投稿日 2017年06月05日
郷原信郎

読売記事の掲載は、動機・目的が、時の政権を擁護する政治的目的としか考えられない。

石破茂氏「読売新聞、熟読したけどよく分からなかった」

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年05月26日

「私も熟読したけど、よく分からなかった。自民党員として言えば…」

読売新聞「憲法改正報道は使命」 首相インタビュー記事

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年05月13日

読売新聞は13日付朝刊に「憲法改正報道は重要な使命」と題した溝口烈・東京本社編集局長名の見解を掲載した。

安倍首相、2020年改憲を表明 ⇒ 蓮舫代表「オリンピックと憲法改正は関係ない」

HuffPost Japan | 安藤健二 | 投稿日 2017年05月09日

「2020年に憲法改正の施行を目指す」と表明している安倍首相は5月9日、2020年を選んだ理由を「東京オリンピック・パラリンピックも予定されている年」と参院予算委員会で説明した。民進党の蓮舫代表の質問に答えた。蓮舫代表は「オリンピックと憲法改正は関係ありません」と切り捨てていた。

読売新聞記者、福島・楢葉町長の談話捏造 懲戒処分へ

The Huffington Post | 中野渉 | 投稿日 2017年03月15日

読売新聞の福島県・いわき支局の男性記者が取材せずに他紙の記事を後追いし、町長の談話も捏造していたとして、同紙は15日朝刊におわび記事を掲載した。

「若者の新聞離れ」ストップなるか? 18歳選挙権に関する新聞各社の取り組みを徹底比較してみた

選挙ドットコム | 投稿日 2017年01月28日
選挙ドットコム

7月の参院選から18歳へと選挙権が引き下げられることに伴い、各新聞社それぞれ特集記事を組むなど、様々な取り組みを行なっています。

野球賭博問題、巨人の3選手を無期失格処分 NPB「拭いがたい汚点」【UPDATE】

The Huffington Post | 吉野太一郎 | 投稿日 2015年11月10日

プロ野球・読売ジャイアンツ(巨人)の野球賭博問題で、日本野球機構(NPB)調査委員会は11月10日、3選手の賭博行為を認定し、無期失格処分が相当とする最終報告書を公表した。

修学旅行生置き去り事件-香取市立栗源中学校の行動に疑問-

岸田法眼 | 投稿日 2016年06月18日
岸田法眼

香取市立栗源(くりもと)中学校の修学旅行で、多くの生徒らが特急〈成田エクスプレス4号〉池袋・横浜方面大船行きに乗れず、行程に大きな影響を与えたことが問題となっている。しかし、同校の行動にも疑問がある。

年始の新聞一面、朝日と産経がともに扱った「日本の心」とは?

水島 宏明 | 投稿日 2015年01月03日
水島 宏明

2014年に引き続き、2015年の初春の新聞一面記事を中心に各社で読み比べてみたいと思う。

ライバル新聞社5紙協力で話題、初のハッカソン開催 担当者語る

朝日新聞メディアラボ | 投稿日 2014年12月01日
朝日新聞メディアラボ

朝日新聞社は10月18日と25日、日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞グループ、産経新聞社・産経デジタルと協力して5社でハッカソンイベントを開催します。

内閣改造報道から、マスコミのあるべき姿を考える

河野太郎 | 投稿日 2014年09月11日
河野太郎

二年前に「共謀者たち」という本を牧野洋さんと共著で講談社から出しました。出版時期が総選挙と重なり、広告もなく静かな発売になり、自民党の政権復帰という大ニュースもあり、あまり話題にはなりませんでした。その本の中で、発表が決まっていることを数日前にスクープするのは正しいジャーナリズムではないということを訴えました。

TBSや読売が報じた「TPP日米が実質合意」は誤報と判断? 朝日新聞が報じない理由を教えてほしい。

水島 宏明 | 投稿日 2014年07月08日
水島 宏明

オバマ大統領が訪日中に「日米合意至らず」「日米合意先送り」としたままで、具体的な数字を出していない。TBSや読売新聞の報道を"黙殺"している。

クラウド化する自民党総裁選

新田哲史 | 投稿日 2014年05月05日
新田哲史

ゴールデンウィークのど真ん中で、政治や選挙の話を書くなどという酔狂なことはしたくなかったんですが、ネット選挙ネタで、読売新聞の自民党番記者が放った特ダネがあまりに香ばしいネタなので、私の鼻がクンクンしております。大方、ネット好きで広報のプロフェショナルを自称する世耕さんあたりの仕掛けでしょうか。

商標や特許出願前のメディア発表は注意が必要

栗原 潔 | 投稿日 2014年05月04日
栗原 潔

「やよいひめ」というイチゴの「ブランド力向上のため、香港とシンガポールで商標登録(ママ)を行なう」そうです。これが「これから出願予定」であるという意味なのか「既に出願を行なって登録を待っている状態なのか」は定かではありませんが、前者だとするとちょっと問題です。

SmartNewsが300万ダウンロード突破、読売新聞が「ソチ五輪」チャンネル開設で業界に衝撃

藤代 裕之 | 投稿日 2014年04月05日
藤代 裕之

ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」のダウンロードが300万を突破、読売新聞社が「ソチ五輪」チャンネルを開設した。2月3日同社が発表した。スマートニュースをめぐってはウェブ上からコンテンツを集め、独自のインターフェイスで表示する際に広告を非表示にしていたこことから「ただ乗り」批判が起きていた。ネット事業に慎重とされる読売新聞社との協業が公開されたことにより、流れが変わる可能性がある。

権力とディナーする新聞社に、黒田清が言い遺していたこと

武田砂鉄 | 投稿日 2014年03月28日
武田砂鉄

読売新聞の中枢は、国民の声、あるいは声にすらならない小さな想いなんてものに興味を持たない、ということなのだろう。黒田清がなによりも一番大事とした「権力に刃向かっていく基本的な姿勢」を鍛える・鍛えないという次元ではなく、基本スペックからその姿勢を手放しているように思える。

ネット配信にやっと真剣になりだしたテレビ局

山田肇 | 投稿日 2014年03月22日
山田肇

日本テレビが、「日テレいつでもどこでもキャンペーン」と称して、番組の無料配信を開始した。放送終了後1週間はいつでもどこでも視聴できるそうだ。朝日新聞によれば、広告を流さず配信する異例の取り組みであって、ネットへと流れがちな若い世代の視聴者を呼び込むのが狙いだという。

「渡辺恒雄会長の部屋は特定秘密」と安倍首相が冗談

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2013年11月29日

安部首相が特定秘密保護法案をネタに冗談を披露した。読売新聞の渡辺恒雄会長・主筆の部屋が「特定秘密」だという。どういう冗談だったのだろうか。

「美味しんぼ」の料理バトル、朝日と読売が再現

The Huffington Post | 投稿日 2013年10月12日

連載30周年を迎えた長寿漫画「美味しんぼ」の作中で、東西新聞と帝都新聞という架空の新聞社が繰り広げてきた料理対決「究極と至高の対決」を、朝日新聞と読売新聞が再現することになった。3つのテーマを決めて、両新聞が「究極のメニュー」と「至高のメニュー」を提案。実際に料理を作って勝敗を決定する。10月12日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で発表された。