罪悪感

子供のイジメがなくならない原因

ふとい眼鏡 | 投稿日 2014年05月12日
ふとい眼鏡

子供のイジメの問題をいかにして解決するのか、という話は大切な話です。しかしその議論の大半はまったくマトはずれなものになってしまっています。この種の議論がマトはずれになってしまう理由ははっきりしていて、自分が子供の時にどういう気持ちで生活していたのかを覚えていない人はまったくマトはずれなことしか言えません。そういった人達は、子供というのは無垢で純粋なものだという前提で話をします。彼等や彼女等は意識的にか無意識的にかは分かりませんが、子供の頃の自分がズルくて自分勝手だったということを忘れてしまっています。

ワカモノたちよ、君もやがて55才になるのだ!

和田一郎 | 投稿日 2014年04月21日
和田一郎

人間は歳をとる。まったく、残念ながら歳をとる。若いひとには想像できまいが、55歳になる、「熟年」というレッテルを貼られる歳になるとは、こういうことだ・・・

子犬を交通事故に遭わせてしまった話

大野左紀子 | 投稿日 2014年05月14日
大野左紀子

その朝も愛犬の散歩をさせようと玄関先に出て、抱いていた犬をひょいと地面に降ろした。なぜその時に限って、降ろしてからリードをつけようと思ったのか。まだ散歩に完全には慣れていない3ヶ月の子犬である。

「コミュニケーションできなければならない」という規範意識

熊代亨 | 投稿日 2014年05月12日
熊代亨

人間関係や社会的加齢が自己責任になった以上、「年相応に年を取っていくためにどうするのか」「誰と一緒に人生を歩んでいくのか」といった問題は、すべて自分で判断し、舵取りしなければならない。