ザッカーバーグ

フェイスブックCEOマーク・ザッカーバーグの「今年の決意」は政治ー18億人のオンライン国「大統領」が目指すもの

TechCrunch Japan | 投稿日 2017年01月05日
TechCrunch Japan

SEC提出文書と今年の決意の発表によって「ザッカーバーグは真剣に政治に取り組もうとしている」という観測がメディアに一気に広まった。

フェイスブックからデマニュースを排除するためのいくつかの方法

平 和博 | 投稿日 2016年11月24日
平 和博

デマニュースは、検証(ファクトチェック)によって否定されたとしても、さらに多くのエンゲージメントを獲得していく。

育休してたザッカーバーグ氏の「シンプルすぎるワードローブ」がすごい。

The Huffington Post | Emily Peck | 投稿日 2016年01月28日

オバマ大統領もスティーブ・ジョブズ氏も、ワードローブは超シンプル。

ザッカーバーグ氏、孫をオタクと付き合わせたいと言った女性に......

The Huffington Post | Cavan Sieczkowski | 投稿日 2016年01月06日

特大のいいね!を押したくなるアドバイス。

ザッカーバーグが「娘の世代を良くするため」 称賛の声もあるが、指摘の声も 本音はいかに

Engadget 日本版 | 投稿日 2015年12月06日
Engadget 日本版

Chan-Zuckerberg Initiative は「個人学習、疫病の治療、人々のつながりを広げより強いコミュニティの創造」を目的としています。

Facebookのザッカーバーグ氏に第1子が誕生 保有する自社株99%を慈善事業に寄付「次の世代のために私たちにはやれることがある」

The Huffington Post | Huffpost Newsroom | 投稿日 2015年12月01日

「あなたたちの世代が、より良い世界に住むために、私たちの世代には、もっとやれることがある」

マーク・ザッカーバーグと妻プリシア、流産と妊娠をシェアしてくれてありがとう。

Anna Almendrala | 投稿日 2015年08月10日
Anna Almendrala

つらい体験を告白してくれたことが、流産を経験したことがある私や、ほかの多くの女性に希望を与えてくれました。

「ザッカーバーグも賞賛した天才少女」は真っ赤なウソ? 記者が誤報認め謝罪

The Huffington Post | 吉野太一郎 | 投稿日 2015年06月11日

数学の卓越した才能が認められ、ハーバード大学とスタンフォード大学に同時に通うことになったなどと韓国で大々的に報じられたアメリカ在住の韓国人少女の美談が、事実と異なることがわかった。

Facebook、中国を抜いて「世界で一番人口の多い国」に

The Huffington Post | Timothy Stenovec | 投稿日 2015年02月02日

フェイスブックは、月間アクティブユーザー数が13億9000万人だったと発表。これは中国の全人口を上回るので、フェイスブックが国だとしたら、地球上で最も人口の多い国ということになる。

フェイスブックの「不用意なアルゴリズムの残酷さ」が心を深く傷つける

平 和博 | 投稿日 2015年02月27日
平 和博

「アルゴリズムがユーザーを不安にさせるネットの『不気味の谷』」でアルゴリズムの不気味さを取り上げたばかりだが、実際に人の心を深く傷つけていたとは思わなかった。

「年商100億円」などという具体的な数値目標は捨ててしまえ? 成功にいたる「システム志向」とは

和田一郎 | 投稿日 2014年12月04日
和田一郎

彼は、この「システム志向」こそが成功の秘訣であると言っている。それは、ビジネスだけでなく、さまざまなこと、ブログとか、ダイェットとか、クリエィティブな仕事とかにも有効であると。

Facebookのザッカーバーグ「なぜ毎日同じTシャツを着ているのか」に答える

The Huffington Post | 投稿日 2014年11月06日

「なぜ毎日同じTシャツを着ているのか」というユーザーからの質問に、ザッカーバーグ氏が回答した。

フェイスブックはアルゴリズムを操作して選挙結果も動かせるのか

平 和博 | 投稿日 2014年09月07日
平 和博

「フェイスブックがユーザー689,003人の感情をコントロールする」で紹介したフェイスブックの感情伝染実験の騒動は、まだ続きがあった。

オバマ大統領でさえ、Facebookはもはやクールではないと思っている

TechCrunch Japan | 投稿日 2014年03月18日
TechCrunch Japan

誰でもいいから30歳以下の人に、Facebookが〈大好き〉か聞いてみてほしい。答えはおそらくノーだ。かつて支配的だったソーシャルネットワークは、間違いなくその超優越的、超人気の初期状態から、ママやおじさんたちが政治的意見や赤ん坊の写真を投稿する場所へと成り下がった。

Facebookのスタンプに、ザッカーバーグの愛犬登場

TechCrunch | Josh Constine | 投稿日 2013年06月27日

これであなたもFacebookのCEOも、同じようにくつろげるようになった。ビーストと遊ぼう。ビリオネアのプーリー犬に専用のFacebookスタンプパックができた。文字を入力する代わりに、Beastが遊んだり、おねだりしたり、コーンをかぶったりしているアニメーション画像を友達に送ることができる。「一体それがどうした?」と言う前に、これが複雑な感情を効率よく伝える手助けをするFacebookの探求の一環であることを知るべきだ。