ニッセイ基礎研究所
ニッセイ基礎研究所さんの最新投稿情報を受け取る
ニッセイ基礎研究所は、国内外の経済・金融問題をはじめ、年金・介護等の社会保障問題や住宅・都市問題を中心に、中立公正な立場で基礎的かつ問題解決型の調査・研究を実施しているシンクタンクです。メールマガジン「基礎研Report Head Line」を配信中。

ニッセイ基礎研究所さんによる記事一覧

高齢者は何歳からか?~求められる65歳からの"意識改革・生き方改革":研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2017年01月19日 | 13時49分

この65~74歳の10年間を如何に生きていくか、長寿時代を生きる私たち及び社会に課せられた新たな課題と言えよう。

記事を見る

自動運転の普及とコスト-完全自動運転が普及した社会を想像する。その5:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2017年01月18日 | 11時05分

自動運転のコストは、誰が支払うのだろうか?自動運転はクルマというモノではなく、移送サービスとして人々に提供される。

記事を見る

「健康寿命」伸ばす予防医療-「国民医療費」増加というパラドクスの解消:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2017年01月17日 | 15時27分

予防医療は、長寿化による国民医療費の増大をもたらすと指摘しているのだ。どうすれば予防医療による健康増進と国民医療費の増加というパラドクスを解消できるのか。

記事を見る

働き方改革、プレミアムフライデーによる個人消費への影響~可処分時間の使い方とつながりに注目:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2017年01月16日 | 14時29分

政府は、来月24日から、官民あげての消費喚起策として「プレミアムフライデー」を実施する。

記事を見る

余命判定の時代-不確実性のない時代の生命保険:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2017年01月13日 | 11時54分

厚生労働省の簡易生命表では現在の58歳男性の余命は25年。これによれば私は83歳まで生きられるらしい。

記事を見る

自動運転の普及と観光-完全自動運転が普及した社会を想像する。その4:研究員の眼

(1) コメント | 投稿日 2017年01月12日 | 13時31分

完全自動運転が普及した社会は、特に目的なくドライブするのと同じ気楽さで、観光を楽しむことができそうだ。

記事を見る

努力はどう報われるか-人は、どのように成長していくのか?:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2017年01月11日 | 14時56分

日常的に人が経験していると言われる「S字曲線」をどう活用したらいいだろうか。

記事を見る

"初詣"もキャッシュレス時代-オール「電子マネー決済」社会は来るのか:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2017年01月10日 | 16時11分

東京・港区の愛宕神社では、2014年から新年の特定日に電子賽銭箱を設置しているという。参拝者は金額を入力し、電子マネーで決済すると、同金額が同神社に奉納される。

記事を見る

自動運転の普及と住宅-完全自動運転が普及した社会を想像する。その3:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2017年01月05日 | 13時27分

自動車がない駐車スペースは結構広く感じるものだ。これが必要なくなれば、何に利用するだろうか。

記事を見る

【インド】紙幣刷新で景気下振れも、政治的には成功か:基礎研レター

(0) コメント | 投稿日 2016年12月30日 | 14時27分

何の前触れもなく実施したため、新紙幣の流通が遅れて国中が大混乱に陥った。

記事を見る

働き方改革は「貯蓄から投資へ」の流れを加速させるか?:基礎研レター

(0) コメント | 投稿日 2016年12月30日 | 14時13分

長時間労働の是正によって余裕時間が生まれれば、投資を新たに始める動きも出てくるのではないだろうか。

記事を見る

長く働ける社会~人生100年時代の働き方改革:エコノミストの眼

(0) コメント | 投稿日 2016年12月30日 | 13時54分

公的年金制度改革では、負担増を迫られる若者と給付が削減される高齢者の対立という構図で議論されることが多いが、対立を緩和するカギは高齢者が働くことによって収入を得て自力で生活を支えることができるようにすることだ。

記事を見る

これまでのNISAは何だったのか~「貯蓄から投資へ」の課題(その3):研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2016年12月30日 | 13時48分

NISAの「売れ筋投資信託ランキング」を見ると、問題が見えてくる…

記事を見る

自動運転の普及と駐車場:研究員の眼

(3) コメント | 投稿日 2016年12月30日 | 13時42分

誰もが完全自動運転のクルマでショッピングセンターに来るようになれば、駐車場はいらない。

記事を見る

2つの出生力推移データが示す日本の「次世代育成力」課題の誤解:研究員の眼

(1) コメント | 投稿日 2016年12月30日 | 09時14分

意外なことかもしれないが、この40年以上、日本の夫婦(既婚女性)から生まれる子どもは…。

記事を見る

誕生日が一致する確率-多くの人が集まる場では、誕生日の話題で盛り上がりませんか:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2016年12月29日 | 13時47分

「誕生日が一致する確率」について、どのようになるのか紹介したい。これからの年末年始の時期等に、多くの人が集まる場で話題にでもしてもらえればと思う。

記事を見る

自動運転の普及と津波避難対策-完全自動運転が普及した社会を想像する。その1:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2016年12月28日 | 11時57分

自動運転に関する文献も増える中、完全自動運転が普及した社会が見えてくる。想像を膨らませ、完全自動運転が当たり前になった社会を、まちづくりの視点から考えてみたい。

記事を見る

資産の世代間移転の状況-現役世代への資産移転は進んでいるか:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2016年12月27日 | 14時12分

贈与税の非課税枠の新設・拡充、ジュニアNISAの開始など、国を挙げて高齢世帯から現役世帯への資産移転を進めてきた結果、実際に世代間の資産移転は進んだのだろうか。

記事を見る

『逃げ恥』にみる夫婦像-「有償労働」と「無償労働」を考える:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2016年12月26日 | 14時34分

契約結婚する男女のラブコメディだが、晩婚化や派遣切り等さまざまな今日的課題が背景にあり、多くの視聴者には日常生活を通じた等身大の共感があるのかもしれない。

記事を見る

GDP統計の改定で1%近くまで高まった日本の潜在成長率-ゼロ%台前半を前提にした悲観論は間違いだった?:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2016年12月26日 | 10時19分

なぜ、2013年度から2015年度までの3年間の実質GDP成長率が年平均で0.5%も上方改定されたのだろうか。

記事を見る