ニッセイ基礎研究所
ニッセイ基礎研究所さんの最新投稿情報を受け取る
ニッセイ基礎研究所は、国内外の経済・金融問題をはじめ、年金・介護等の社会保障問題や住宅・都市問題を中心に、中立公正な立場で基礎的かつ問題解決型の調査・研究を実施しているシンクタンクです。メールマガジン「基礎研Report Head Line」を配信中。

ニッセイ基礎研究所さんによる記事一覧

iDeCoで株式投資:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2017年08月14日 | 18時35分

株式投資はリスクが高いのは事実であるが...

記事を見る

監査法人の適正意見とは-"お墨付き"という表現を、早急に改めた方が良いのでは:研究員の眼

(2) コメント | 投稿日 2017年08月10日 | 18時49分

報道で、有価証券報告書に監査法人が発する適正意見を"お墨付き"と説明する事例を見ることがある。しかし、"お墨付き"の語源を考えると...

記事を見る

2016年健康寿命は延びたが、平均寿命との差は縮まっていない~2016年試算における平均寿命と健康寿命の差:基礎研レター

(0) コメント | 投稿日 2017年08月10日 | 18時47分

3年間の健康寿命の延びは、男女とも同じ期間の平均寿命の延びをわずかに上回っている。しかし...

記事を見る

やりくりに余裕がない家計は変動金利を選択する傾向がある~家計の住宅ローン金利の決定要因分析:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2017年08月09日 | 17時48分

変動金利か固定金利かを決めることは、難しい選択の1つである。

記事を見る

人気に陰りが見え始めた毎月分配型~2017年7月の投信動向:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2017年08月08日 | 17時50分

個別ファンドへの資金流入を見ると、流入上位のうち2ファンドが7月に新設されたファンドであった。

記事を見る

「老い」を迎える不安-高齢期の「尊厳」どう守る:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2017年08月08日 | 17時45分

長寿時代を迎えたことは喜ばしいが、長い人生を全うする上で新たな問題も発生する。

記事を見る

転換点迎えた先進諸国金融政策~後れをとる日本:エコノミストの眼

(0) コメント | 投稿日 2017年08月07日 | 18時25分

NY市場ではダウ平均株価が史上最高値を更新し続けている。

記事を見る

3歳児のむし歯有病率の地域差:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2017年08月04日 | 17時28分

むし歯有病率は、地域差が大きいことが知られている。

記事を見る

日本社会の良さ・美徳をいかに継承していくか-要は家庭教育にあり:研究員の眼

(1) コメント | 投稿日 2017年08月04日 | 17時25分

学校教育の果たす役割は重要であるが...

記事を見る

最近の人民元と今後の展開(2017年8月号)~「人民元ショック」の再発に御用心!:基礎研レター

(0) コメント | 投稿日 2017年08月03日 | 19時19分

7月の人民元レートは米ドルに対して上昇、7月末は前月末比0.8%上昇の1米ドル=6.7291元で取引を終えた。

記事を見る

明治の怪ジャーナリスト黒岩涙香の翻案小説『生命保険』を読んで-生命保険研究者の「生命保険」読書録:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2017年08月02日 | 21時01分

明治時代の有名ジャーナリストにして有名翻案小説家、黒岩涙香の短編翻案小説『生命保険』を読んだ。

記事を見る

東京オリンピックまで、「あと3年」-求められる「タイムマネジメント」:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2017年08月01日 | 18時24分

2020年の東京五輪はさまざまな企業にとって大きなビジネスチャンスだが、参入するためには多くのグローバル基準をクリアしなければならない。

記事を見る

課長がもっと輝けば、日本経済はもっと良くなる:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2017年07月31日 | 20時30分

課長の業務量は増大する一方で、相対的に見た賃金水準は低下し、かつてに比べて割が悪いポジションになっていることがうかがわれる。

記事を見る

高齢者がより活躍できる労働市場の構築を目指して 同一労働同一賃金の原則が高齢者にも適用できる取り組みの実施を:基礎研レター

(0) コメント | 投稿日 2017年07月28日 | 19時42分

改正高年齢者雇用安定法の施行により、高年齢者がより長く労働市場で活躍することになったものの...

記事を見る

ふるさと納税に係る送料が倍増?-情報の利用価値が低下するのは誰の責任だろうか?:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2017年07月27日 | 19時52分

ふるさと納税を「返礼品競争」と称するだけでは、実態を表現できなくなってきた感がある。

記事を見る

デフレ脱却の「プレミアム消費」-「こだわり」を顕在化する商品とサービス:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2017年07月27日 | 19時51分

デフレ脱却に向けた消費拡大には、1人ひとりのライフスタイルにおけるこだわりを顕在化するプレミアム消費が、ひとつの有効な方策ではないだろうか。

記事を見る

使用年数が長期化する電化製品~買い控えはもったいない!?:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2017年07月25日 | 18時14分

性能の良い製品が次々と登場するなかで、同じ製品を長期間使用することも、ある意味もったいないと言える。

記事を見る

抜け道を完全に封鎖できるか?-ふるさと納税における競争は年々激化する:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2017年07月21日 | 19時25分

ふるさと納税制度を健全に発展させていくためにも、そろそろ「いたちごっこ」をやめて、制度全体を見直すべき時期が来ているのではないだろうか。

記事を見る

資本主義で容認される価格統制-政策目的の市場介入は、違法な相場操縦と何が異なるのか:研究員の眼

(0) コメント | 投稿日 2017年07月21日 | 09時09分

そろそろ異次元の金融緩和全体について、改めての総括が必要なのではなかろうか。

記事を見る

ファミレスやカフェでの生保販売増えてませんか?-生命保険の説明や販売はどこで行われているのか-生命保険は「自宅」で説明や販売が行われるのが前提?:研究員の眼

(1) コメント | 投稿日 2017年07月21日 | 09時07分

家電の修理を頼むと出張費だけで何千円も取られる時代。顧客にご足労願うのではなく、業者側が「自宅」に出向く。これはたいへんなサービスだ。

記事を見る