BLOG

散髪と資産運用

2015年05月23日 15時52分 JST | 更新 2016年05月21日 18時12分 JST

筆者は1-2カ月に1回の頻度で髪を切ります。普段、割安なチェーン店に行くため対応してもらう理容師は毎回異なります。偶然、同じ方に対応してもらう場合でも、前回のことはまず覚えていないでしょう。そのため、「前回と同じに」といった無難にお願いすることができません。毎回、「短めに」などと曖昧にお願いし、あとは担当してもらう理容師に任せてしまいます。

他に「●cmくらい切ってください」とお願いすることもできます。このようにお願いすると、確実に伝えた長さを切ってくれます。しかし、だからといって頭の中で描いている出来上がりになるかは別問題です。●cm切ったらどのような頭になるのか容易にイメージすることができないためです。

当然、思い通り行かなかった場合は再度お願いすることができます。ただ、軌道修正ができるのは予想以上に長かった場合のみです。予想以上に短かった場合には、その場ではどうすることもできません。ちなみに筆者の場合、短髪のためどのような出来上がりでも1カ月もすれば大概同じような髪の長さに戻ります。そのため出来上がりを気にすることはほとんどありません。

さて、夏のボーナスの時期を迎え、ボーナスを原資に資産運用を始める、または運用額を増やそうと考えている方もいるのではないでしょうか。現在の定期預金の利率を見るとほぼ0%。もう少し高いリターンを欲しくなります。

しかし、定期預金よりも高いリターンが期待できる金融商品にはそれ相応のリスクがもれなくついてきます。

そこで自分に合う資産運用を行うためには、金融商品が抱えているリスクを把握する必要があります。最近は「リスク●%程度の運用を目指します」と宣言している商品もあります。一般的にリスクの数値を明記する場合には、数値は年間リターン(収益率)の標準偏差を意味しています。

リターンが正規分布に従っていると仮定すると、リスク(標準偏差)の2倍程度が今後1年間に起こる可能性がある最大の下落幅の目安になります。仮にリスク(標準偏差)が10%程度と明記している金融商品の場合、少なくとも1年の間に20%の下落までは覚悟した上で投資したほうが良いと思われます。

金融商品のリスクを理解する上でこの様な定量的な情報は参考になりますが、目安の数値が分かってもその数値からリスクを実際にイメージすることは困難なのではないでしょうか。髪の毛の切る長さが分かったとしても、実際に切られた後のイメージが漠然としか出来ないのと同じです。

やはり金融商品のリスクを理解できるのは、散髪の失敗が散髪終了後に分かるように、実際に下落を体感した際ではないでしょうか。膨らんだ損失額を目の当たりにし、予想以上の精神的ダメージを受けて初めてリスクを取りすぎていたことに気づかされることはよくある話です。

多くの方が初めての理容師または美容師に対しては、やり直しがきかないため丁寧にお願いすると思います。資産運用についても、後悔しないためには初めは慎重に行うべきなのではないでしょうか。

経験が蓄積され、自身の損失耐久度や投資する金融商品のリスクの理解を深めるまでは、1カ月でリカバーする筆者の頭ではないですが、損失を出しても直ぐに補える金額内で手堅く投資することをお勧めします。

関連レポート

自社株買いは株価にとってプラスか?~2014年度の自社株買いを振り返って~

企業業績を強気に見やすい季節?

業績拡大が押し上げた2014年の株式市場

(2015年5月19日「研究員の眼」より転載)

メール配信サービスはこちら

株式会社ニッセイ基礎研究所

金融研究部 研究員

前山 裕亮

関連記事

  • Enrich your diet
    Shutterstock
    While it\'s more difficult to regrow hair, it\'s important to maintain and strengthen the follicles you do have. \"The follicle function diminishes with age,\" hair restoration expert Alan Bauman told The New York Times. He recommends eating a diet rich in omega-3s, like salmon, avocados, and flaxseeds. He also recommends making sure you\'re getting enough protein in your diet, as hair is comprised of mostly protein.
  • Switch-up your part
    Shutterstock
    One of the first places you might begin to notice your hair thinning is in your part. To camouflage a widening part, stylists recommend a \"zigzag\" part in place of a straight one. Stylist Thom Priano tells Prevention this will help mask thinning and create volume throughout your style. Use the end of your comb to \"draw\" a zigzag, separating your hair. Change is good.
  • Color is key
    Shutterstock
    There\'s nothing as aging as seeing an older person with obviously bottle-dyed hair that\'s in one uniform color. If you\'re going for a dark hue to cover your grays, your roots will start to show quicker too when your hair grows. Add in some subtle highlights to help give your hair dimension and youthful shine. Highlights will also help soften any harsh, dark coloring.
  • Avoid over-shampooing
    Shutterstock
    While a clean, healthy scalp is vital to hair health, you definitely don\'t want to over-shampoo. \"After menopause, your scalp starts to produce less of the oils that hydrate and strengthen your hair and add shine,\" dermatologist Francesca Fusco told Allure. Shampooing doesn\'t just remove dirt and buildup, it can also strip your hair of the good oils, leaving it dried and brittle. Try to use a hydrating shampoo with moisturizing ingredients like almond and sunflower oil.
  • Take biotin
    Amazon.com
    Biotin is a vitamin that\'s essential for strong, healthy hair. A biotin deficiency can contribute to hair thinning and loss. Studies have shown that supplementing with biotin can safely help with hair volume and thickness, in people with temporary hair thinning.Try taking a biotin supplement or get plenty of biotin-rich foods in your diet, including peanut butter, eggs, cheese, and raspberries.
  • Prevent dryness
    Getty Images
    Believe it or not, humidity isn\'t all bad for your hair. Since our hair produces less oil as we age, dryness can be a major issue, causing frizzy, parched strands. Moisture is crucial, especially in the winter months. More Magazine recommends regularly running a humidifier to keep your tresses hydrated.
  • Prevent sun damage
    Getty Images
    When we think of sun damage, we think of protecting our skin by lathering on sunscreen. Sun damage is one of the primary causes of aging, and that\'s not limited to your skin. Exposure to the sun\'s UV rays can damage the proteins in your hair, making it weak and more prone to breakage, according to the Skin Cancer Foundation. Wear a sun hat to protect your hair, scalp, and skin. To go a step further, hair specialist Philip Kingsley recommends using a swab to apply sunscreen to visible parts of the scalp, according to Byrdie Beauty.
  • Eat dark chocolate
    Getty Images
    Along with thinning, graying hair is a dead giveaway of aging. While we admire the silver foxes and white hot ladies that are willing to go au naturale with their hair color--it\'s not for all of us. A fun way to banish grays? According to the Daily Mail, London trichologist Ricardo Vila Nova says certain foods help boost the pigment in your hair, by upping melanin levels. Dark chocolate, dark leafy vegetables, nuts, and whole grains can all help.