郷原信郎
郷原信郎さんの最新投稿情報を受け取る
 
1955年、島根県生まれ。東京大学卒業後、検事に。東京地検検事、広島地検特別刑事部長などを経て退官。2008年、郷原総合法律事務所を開設し、組織のコンプライアンス問題に力を入れる。主な著書に「検察崩壊  失われた正義」(毎日新聞社)など。
ブログ名:「郷原信郎が斬る

郷原信郎さんによる記事一覧

現職検察官が国賠審の法廷に立たされる前代未聞の事態

(0) コメント | 投稿日 2017年05月25日 | 11時48分

完全にベールに包まれてきた検察内部の意思決定のプロセスが公開の法廷での事実審理の対象にされることになった。

記事を見る

「事業の検証と責任追及」についての小池知事と五十嵐市長の決定的な違い

(10) コメント | 投稿日 2017年04月22日 | 11時56分

五十嵐市長が就任後に行ったことと、小池知事が就任後に行ってきたこととの間には大きな違いがある。

記事を見る

「浜渦氏偽証告発」"都議会の品格"が問われる

(0) コメント | 投稿日 2017年04月13日 | 12時08分

日本は、本当に法治国家なのだろうかと思えるような事象が相次いでいる。

記事を見る

行政調査権限は、「犯罪捜査」のためのものと解してはならない

(1) コメント | 投稿日 2017年04月02日 | 10時48分

森友学園と籠池氏をめぐる事態は一層、異常かつ深刻なものとなっている。

記事を見る

籠池氏「告発」をめぐる"二つの重大な謎"

(1) コメント | 投稿日 2017年03月31日 | 11時47分

3月23日の衆参両院予算委員会の証人喚問での証言が注目を集め、籠池泰典氏をめぐって、3月29日から30日にかけて、2つの「告発をめぐる動き」があった。

記事を見る

国会での証人喚問は「犯罪捜査のため」という暴論

(2) コメント | 投稿日 2017年03月28日 | 09時06分

日本人であることが不安になってきたというのが偽らざる思いである。

記事を見る

官僚の世界における"忖度"について「確かに言えること」

(2) コメント | 投稿日 2017年03月27日 | 09時01分

検察という官僚組織に所属した経験に基づいて、私なりの理解で、この「忖度」という言葉について、「確かに言えること」を書いておこう。

記事を見る

昭恵夫人Facebookコメントも"危機対応の誤り"か

(6) コメント | 投稿日 2017年03月26日 | 09時40分

100万円の事実を否定する根拠にも、昭恵夫人の喚問を拒否する理由にもならない。

記事を見る

籠池氏問題に見る"あまりに拙劣な危機対応"

(0) コメント | 投稿日 2017年03月23日 | 10時33分

少なくとも、籠池発言が出た段階で、その挑発に乗る形で自民党側から「証人喚問」に打って出たのは、「危機対応」としては全くの誤りだった。

記事を見る

籠池氏証人喚問、高度の尋問技術が求められる自民党質問者

(0) コメント | 投稿日 2017年03月22日 | 09時57分

3月23日に、衆参両院の予算委員会で、森友学園理事長籠池泰典氏の証人喚問が行われる。

記事を見る

籠池氏証人喚問は、自民党にとって「危険な賭け」

(4) コメント | 投稿日 2017年03月17日 | 14時50分

果たして、偽証罪での告発に持ち込めるのか、自民党は、「危険な賭け」に出たと言わざるを得ない。

記事を見る

森友学園問題 補助金不正で捜査機関が動かないのはなぜか

(2) コメント | 投稿日 2017年03月11日 | 07時58分

森友学園のホームページに掲載された「お知らせ」に書かれていることからは、補助金適正化法違反の疑いは全く晴れない。

記事を見る

「小池劇場」の"暴走"が招く「地方自治の危機」

(8) コメント | 投稿日 2017年01月24日 | 09時23分

そもそも土壌汚染の問題がある工場跡地に生鮮食品を扱う市場を移転させようとしたこと自体が適切だったのか。

記事を見る

豊洲市場問題、混乱収拾の唯一の方法は、小池知事の"謝罪と説明"

(10) コメント | 投稿日 2017年01月20日 | 10時10分

「環境基準値」というのは飲料水に適用される基準であって、豊洲市場の地下水のように、飲用にも清掃用にも使わない場合は、もともと問題にはならない。

記事を見る

社長が代わっても「隠す文化」から抜け出せない東芝

(1) コメント | 投稿日 2016年12月29日 | 09時43分

原子力事業で更なる巨額の減損の見通しが明らかになったことで、東芝の再建は極めて厳しい状況に追い込まれることとなった。

記事を見る

ASKA氏を不起訴にした「異常に弱腰」な検察、美濃加茂市長事件での「無謀極まりない起訴」との落差

(0) コメント | 投稿日 2016年12月20日 | 11時16分

この事件を、このまま終わらせてしまったのでは、今後の覚せい剤事犯の捜査・処分に重大な支障が生じることになるだろう。

記事を見る

村山浩昭裁判長は、なぜ「自分の目と耳」を信じようとしないのか

(0) コメント | 投稿日 2016年12月05日 | 11時13分

村山裁判長にとって、刑事裁判とは何なのだろうか。事件記録、書面の上に存在している「事件」を、紙の上だけで片付けてしまえばよいということなのであろうか。

記事を見る

控訴審逆転有罪判決の引き金となった"判決書差入れ事件"

(0) コメント | 投稿日 2016年11月30日 | 08時27分

控訴審判決は、まさに、なりふり構わず有罪判決に向けて突っ走ったと言える。

記事を見る

「拙速で無理な懲戒処分」に表れた「小池劇場」の"行き詰まり"

(4) コメント | 投稿日 2016年11月27日 | 14時35分

「小池劇場」を演じることで、世論の大きな支持を得てきた小池氏だが、ここに来て、状況が徐々に変わりつつあることに気付いていないようだ。

記事を見る

「小池劇場」で演じられる「コンプライアンス都政」の危うさ

(2) コメント | 投稿日 2016年11月24日 | 08時11分

小池知事が指摘した「豊洲市場問題」について、これまでの経緯と現状を具体的に検証し、小池知事と東京都の対応のコンプライアンス的視点からの分析・評価を行う。

記事を見る