BLOG

2時間かける 「究極の焼きおにぎり」

2016年09月29日 15時47分 JST | 更新 2016年09月29日 15時47分 JST

2016-08-01-1470054851-3365821-top.jpg

最近の料理トレンドといえば時短と簡単。だが、時間と手間をかけてこそ到達する究極の味がある。何てことない定番料理が「ここまで美味しくなるのか!」と驚くことだろう。

 

『究極の焼きおにぎり』

BBQの〆の定番、焼きおにぎりを家庭で作るならばぜひとも2時間はかけてほしい。

まずは大きめに握った男らしいおにぎりをゆっくりと乾かし、じっくりと焼き目をつけていく。

コロコロと転がさず、全五面をじわじわと焼くのがポイントだ。芳醇な香りが鼻腔をくすぐり、焼き目を見るたびに食欲が高まる。特製の味噌ダレに浸し、キラキラと輝く完全無欠の正三角形......。

究極のおにぎりは「熱い、熱い!」と言いながらも素手で食べるのがいい。外側はパリッと、中からは湯気がモクモクと出てくるうちに食べてほしい。

2016-08-01-1470054609-9152390-zairyo.jpg

■材料(2人分)

白米......300g

油(※太白ゴマ油などクセがないもの)......適宜

鰹節......ひとつかみ

ゴマ......小さじ1

ゴマ油......小さじ1

ラー油......小さじ1~2(お好みで)

A

ショウガ......少々

味噌......小さじ2

京白味噌......小さじ1

豆乳......小さじ2

ミリン(煮切ったもの)......大さじ2

卵......2個

醤油......小さじ1

 

■作り方

①鰹節を粉状にする1分

2016-08-01-1470054624-5153012-01.jpg

すり鉢に鰹節を入れて粉状になるまでする。

 

②ゴマを炒って鰹節と合わせる2分

2016-08-01-1470054643-7439862-02.jpg

軽く炒ったゴマを①のすり鉢に入れてさらにする。

 

③その他の調味料と混ぜる2分

2016-08-01-1470054664-2550269-03.jpg

②のすり鉢にAの材料を合わせて混ぜる。

 

④ゴマ油を入れてさらに混ぜる1分

2016-08-01-1470054681-1010957-04.jpg

最後に器を移し、ゴマ油を入れてよく混ぜる。お好みでラー油を少々加える。

 

⑤おにぎりを握る2分

2016-08-01-1470054697-4492244-05.jpg

熱いご飯をおにぎりにする(水だけつけて、手に塩はつけない)。

■ポイント

おにぎりはひとつ150g程度。少し大きめの男らしいおにぎりを握るとよい。

 

⑥おにぎりを乾かす30分

2016-08-01-1470054712-584098-06.jpg

表面が乾くまで30分ほど置く。

 

⑦各面をじっくりと焼く40分

2016-08-01-1470054742-6074651-07.jpg

フライパンに薄く油をひき、弱火で全五面を7~8分ずつ、計40分ほど、焼き色がついてパリッと乾くまで焼く。

 

⑧味噌ダレに漬ける30分

2016-08-01-1470054757-5897282-08.jpg

味噌ダレに表15分、裏返して15分の計30分ほど浸して味を染みさせる。

 

⑨蓋をしてさらに焼いて完成10分

2016-08-01-1470054773-6544384-09.jpg

弱火にかけてフタをして10分ほど焼いて完成。

子どもの笑顔があふれる究極の焼きおにぎりはここがすごい!

おにぎりを乾かすことで、焼いているときに崩れにくく、表面がパリッと焼ける。また、おにぎりの表面をじっくり焼くことによって、味噌ダレをしっかりと漬け込んだ後も型崩れせず、綺麗な正三角形の焼きおにぎりとなる

この焼きおにぎりを子どもがほお張って食べているシーンを想像してほしい。きっとほっぺたにご飯粒をつけたまま笑顔で食べてくれるだろう。パパにはぜひとも作ってほしい。家族の食卓が笑顔で満ちる。それが『究極の焼きおにぎり』だ。

美味しい情報が毎日届く!Facebookでオトコノキッチンをフォロー:

www.facebook.com/otokonokitchen

撮影┃溝口智彦

土屋敦┃Atsushi Tsuchiya

All About「男の料理」ガイド。本当においしい料理のレシピや調理法を伝える料理研究家として、雑誌、テレビ等多方面で活動中。最近の著書には『男のハンバーグ道』『男のパスタ道』『このレシピがすごい』がある。

 

長時間レシピバックナンバー>>

~長時間レシピシリーズ~

 ・6時間かける 「究極の冷やしナス」

 ・171時間かける 「究極のコロッケ」

 ・10.5時間かける 「究極のボロネーゼ」

 ・9時間かける  「究極のポテトフライ」

 ・48時間かける  「究極の鯛茶漬け」

 ・8時間かける  「究極の鶏の唐揚げ」

 ・25時間かける  「究極のフレンチトースト」

 ・8時間かける  「究極のハンバーグ」

 ・6時間かける  「究極の豚の角煮」

  ・48時間かける  「究極の卵かけご飯」

>>この連載のトップに戻る