BLOG

ふたりごはんで脱!正月太り!糖質控えめ満足ごはん

2017年01月12日 16時57分 JST | 更新 2017年01月12日 16時57分 JST

2017-01-10-1484031260-5020875-01.jpg

一人で数皿ものおかずを準備するのは大変だが、二人で手分けすればスピードは2倍。息のあった連携プレーと手を抜くところは手を抜く割り切りで、平日の夜も賑やかな食卓を囲もう。

 

第十五回


本日のふたりごはん

夫婦そろって、年末年始食べ過ぎた...!

今回はそんなときでも罪悪感なく食べられる糖質少なめ料理をご紹介!

パサつきがちな鶏胸肉をしっとり香ばしく仕上げる梅鶏と、乾燥しらたきを使っていても濃厚満足和風カルボナーラで、無理なくヘルシー食事を楽しみましょう。

 

ふたりごはん

香ばし梅鶏

しらたきで濃厚和風豆乳カルボナーラ

市販

味噌汁

 

香ばし梅鶏


一品目

2017-01-10-1484031377-2266414-02.jpg

■材料(2人分)

鶏胸肉......2枚

塩麹......大さじ1

長ネギの青い部分(あれば) ......1本分

サラダ油......小さじ2

酒......50cc

サラダ菜......適量

梅ペースト......適量

いりゴマ......ふたつまみ

2017-01-10-1484031411-3673716-03.jpg

■作り方

鶏胸肉は塩麹を刷り込んでポリ袋に入れて冷蔵庫に入れておく。(できれば一晩)

フライパンにサラダ油を熱し、中火にして鶏胸肉を皮目から焼く。焼き色がついてきたら、火を強めの弱火にして長ネギの青い部分をのせて酒を加えて蓋をし、3分加熱する。裏返してさらに3分加熱する。火を止めて蓋をしたまま5分ほど置き、火が通ったら完成!

サラダ菜を添えてお好みで梅ペースト、いりゴマをつけてどうぞ。

鶏胸肉はうまく火が通るとしっとり絶品、火を通しすぎるとパサついてしまうという曲者!大きさによって加熱時間が前後しますのでこまめに様子を見ながら火にかけましょう。

もし水気が途中なくなってきたら酒や水を少しずつ足してください。

中心に包丁を入れて火が通っているか確認するのもオススメです。

鶏胸肉を火にかけ始めたら、妻はカルボナーラの具材を切り始めましょう!

 

しらたきで濃厚和風豆乳カルボナーラ


二品目

2017-01-10-1484031444-9886181-04.jpg

■材料(2人分)

乾燥しらたき......75g

厚切りベーコン......100g

玉ねぎ......1/2個

里芋......4個

★豆乳......1cup

★卵黄......2個

★パルミジャーノレッジャーノ......大さじ1

★味噌......大さじ1

オリーブオイル......小さじ2

万能ねぎ......3本

温泉卵......2個

七味......適量

塩こしょう......適量

2017-01-10-1484031477-1599230-05.jpg

■作り方

里芋は皮をむいて1cm程度の厚さに切り、鍋に入れ、ひたひたの水と火にかけ、柔らかくなるまで茹でておく。

厚切りベーコンは厚めに細長く切る。玉ねぎは細切り、万能ねぎは小口切りにしておく。

★を全て混ぜておく。

フライパンにオリーブオイルを熱し、ベーコンを炒める。玉ねぎも加えてしんなりしたら里芋も加える。

乾燥しらたきを7分ほど茹で、4に加え、全体が混ざったら弱火にして★を加えて和える。塩こしょうで味をととのえて、お皿に盛り、万能ねぎ、温泉卵をのせ、七味をかけて出来上がり!

 

乾燥しらたきがなければ、食感が多少変わりますが生しらたきを使っても作れます。今日のカルボナーラは出来立てが絶品!ということで、出来たら片付けは一旦止めて食べちゃいましょう!

食べ終わったら今日の片付けは夫担当!

里芋のぬめりやカルボナーラのソース等汚れが残りやすいので要注意です!

 

榎本美沙┃Misa Enomoto

1988年、東京都生まれ。学生時代に料理の楽しさに目覚め、広告代理店勤務を経て、現在はフリーで料理をテーマに活動している。夫婦で作るレシピサイト「ふたりごはん」を運営。

 

 

おいしさ倍増!ふたりごはん バックナンバー>>

~おいしさ倍増!ふたりごはん~

・ふたりごはんでおいしいヘルシー!イワシのパン粉焼きとなんちゃって冷製パスタ?!

・ふたりごはんで!胃にも優しい中華のご馳走

・蒲焼き&かき揚げでふたりごはん、ときどき、ふたり晩酌

・豚冷しゃぶの一汁四菜! ふたりごはんで充実晩ごはん

・ちょっと遅起き、ふたりごはんで休日ブランチ

美味しい情報が毎日届く!Facebookでオトコノキッチンをフォロー:www.facebook.com/otokonokitchen