BLOG

マッスル男子が作るシナモンロールの甘~い朝食

2016年06月23日 00時36分 JST | 更新 2017年06月22日 18時12分 JST

2016-06-22-1466584662-7265919-ff2d21fdf23b7f06a42c1a6f5a5575dfe14653539208891024x683.jpg

土曜の朝はいつもがんばるパートナーを労ろう。少し早く起きて朝食を作り、パートナーは少し長く眠る。朝食の香りでパートナーが目覚めれば幸せな週末が待っている。

パートナーに作る、土曜の朝食 バックナンバー>>

 

シナモンロール

クリームチーズを使った濃厚なグレイズがシナモンにぴったりです。生地作りは、スイーツ編で紹介した「シナモンプルアパートブレッド」と一緒ですが、こちらはボリューム満点のシナモンロールレシピ。

ベイクドポテトとソーセージを添えて、モーニングでもブランチでも、しっかり食べたいときにチャレンジしたい手間ひまかけ放題の"週末レシピ"です。気分はさながら海外のカフェ。非日常的な朝を演出したい人のための朝食です。

 

■材料(2人分)

生地

  • 強力粉......250g
  • 牛乳......120g
  • 水......30g
  • バター......30g
  • 卵(sサイズ)......1個
  • 塩......3g
  • 砂糖......30g
  • インスタントドライイースト......3g

フィリング

  • ブラウンシュガー......70g
  • シナモンパウダー......15g
  • マーガリン......30g

グレイズ

  • クリームチーズ......100g
  • マーガリン......80g
  • バニラオイル......少々
  • 粉砂糖......30g

 

■作り方

ホームベーカリーに生地の材料を入れてスイッチオン。一次発酵までホームベーカリーにお任せ。

一次発酵が完了したら生地を取り出し、表面をきれいに整えながら丸め、10分おいておく。

麺棒で生地を伸ばし長方形(40㎝×30㎝位)に広げ、フィリング用のマーガリンを全面に塗る。さらにブラウンシュガーとシナモンパウダーを全面に振りかけ、ロール状にクルクルと巻き、端末をきれいに綴じる。

綴じ目を下して、タコ糸を使って生地を12等分に切る。

オーブンの天板に生地の間隔を開けて並べ、2倍くらいの大きさになるまで二次発酵される。(30℃で40分くらい)

パウンド型に並べた生地が2倍くらいの高さになるまで二次発酵。(30℃で40分くらい)

グレイズ用のクリームチーズとマーガリンをよく混ぜ、バニラオイルを数滴垂らす。最後に粉砂糖を加え、さらに混ぜる。

パンが焼きあがったら、パンを天板から下ろして冷ます。

食べる直前にパンをレンジで温め、熱いパンにグレイズを塗り、サーブする。

 

■ポイント

生地をロールにするとき、巻く回数やカットの厚さを変えるだけで、表情の違ったシナモンロールができます。また、発酵や焼成は環境で異なるので、様子を見ながら調整しましょう。仕上げはパンが温かいうちに。ラムを効かせたシロップをパンに塗るのもオススメです。

 

>>>連載TOPはコチラ

mizukudasai

男らしくも洗練された料理写真で、老若男女問わずインスタグラムユーザーの心を掴む人気インスタグラマー。コメント欄には常に笑顔の顔文字が並ぶ。深夜に見るとおなかが鳴ること必至。アカウントはコチラ→Instagram

 

 

<関連リンク>

・パートナーに作る、土曜日の朝食

 

・甘い誘惑、もてなしスイーツ

 

Facebookでオトコノキッチンをフォローする:www.facebook.com/otokonokitchen