BLOG

24時間かける「究極のイクラ丼」~キラキラ光る変幻自在の宝石~

2016年11月07日 16時55分 JST

2016-10-25-1477378242-2174286-top.jpg

最近の料理トレンドといえば時短と簡単。だが、時間と手間をかけてこそ到達する究極の味がある。何てことない定番料理が「ここまで美味しくなるのか!」と驚くことだろう。

脱・時短!男の長時間レシピ バックナンバー>>>

『究極のイクラ丼』

生筋子をほぐしてお好みの漬けダレに浸すこと24時間。キラキラと輝く宝石のような自家製イクラが完成する。

自家製イクラを炊き立てのご飯にたっぷりと乗せた『究極のイクラ丼』は24時間待った期待を上回る贅沢体験を提供してくれる。プチプチとイクラがはじけるたび、一粒に染み込んだ豊かな味わいが舌に広がる。

生筋子の原価が高いだけに「おイクラ?」と冗談ぽく聞いてくる人に対しては問答無用で「プライスレス」と答えたい。

2016-10-25-1477378280-7462077-zai.jpg

■材料(4~6人分)

米......適量

昆布(10×10cm)......2枚

生筋子......500g

塩......小さじ2

日本酒......大さじ2

水......大さじ1

醤油......大さじ1

■作り方

①タレを作る1分

2016-10-25-1477378263-9511714-01.jpg

分量の塩、日本酒(煮切り酒)、水、醤油を混ぜた漬けダレを作る

②生筋子をほぐす10分

2016-10-25-1477378297-8236273-02.jpg

(一度洗剤を使って洗った)バトミントンラケットをボウルの上に当て、ガットの部分を使って生筋子をほぐす

③昆布を敷いて生筋子を入れる15分

2016-10-25-1477378313-4548720-03.jpg

準備しておいた器に昆布を敷き、ほぐした生筋子を入れる

④タレを入れて混ぜる5分

2016-10-25-1477378335-476739-04.jpg の漬けダレを入れて、満遍なく行き渡るように軽くかき混ぜる

⑤昆布を乗せて寝かせる24時間

2016-10-25-1477378351-6056087-05.jpg

最後に昆布を上から重ねて冷蔵庫で24時間寝かせて自家製イクラの完成

⑥ご飯にかけて完成5分

2016-10-25-1477378368-8957480-06.jpg

炊き立てのご飯に自家製イクラを好きなだけたっぷりと乗せて完成。食べ終わった後、余った分は冷蔵庫で管理し、2~3日で食べ切るように

子どもの笑顔がはじける「究極のイクラ丼」

生筋子から自家製イクラを作るということはお好みの漬けダレで自分好みのイクラを作ることができるということ。今回は昆布ベースの醤油漬けにしたが、味噌漬けや酒粕漬けなど、お好みの‟漬け"を探すのもオトコノキッチンならでは。

『究極のイクラ丼』はぜひとも子どもに振る舞ってほしい。口の中で味わい豊かなイクラがはじけ、子どもたちの笑顔もはじけること間違いなしだ。

美味しい情報が毎日届く!Facebookでオトコノキッチンをフォロー:

www.facebook.com/otokonokitchen

撮影┃溝口智彦

土屋敦┃Atsushi Tsuchiya

All About「男の料理」ガイド。本当においしい料理のレシピや調理法を伝える料理研究家として、雑誌、テレビ等多方面で活動中。最近の著書には『男のハンバーグ道』『男のパスタ道』『家飲みを極める』がある。

>>この連載のトップに戻る

長時間レシピバックナンバー>>

~長時間レシピシリーズ~

 ・6時間かける 「究極の冷やしナス」

 ・171時間かける 「究極のコロッケ」

 ・2時間かける  「究極の焼きおにぎり」

 ・10.5時間かける 「究極のボロネーゼ」

 ・9時間かける  「究極のポテトフライ」

 ・48時間かける  「究極の鯛茶漬け」

 ・8時間かける  「究極の鶏の唐揚げ」

 ・25時間かける  「究極のフレンチトースト」

 ・8時間かける  「究極のハンバーグ」

 ・6時間かける  「究極の豚の角煮」

  ・48時間かける  「究極の卵かけご飯」