ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

おざなり Headshot

ブラック社畜が労基に行った話

投稿日: 更新:
印刷

まず前提としてこれから話すことはあくまで''私の"体験談であって全員が全員そうな訳ではない、という事をご理解頂きたい。

ブラック企業で働く社会人は基本的には満身創痍である。私も例外ではなく、度重なる理不尽な労働に体力と気力を奪われ、労基に行くだけの気概を持てなかった。しかしこのままではいかんと奮起し、1月下旬の休日。新宿の労基へと足を運んだ。新宿の労基を選択した理由としては、私が働く会社の本社が新宿に存在するからだ。

労基に到着し、受付番号を受け取り、相談の列に並ぶ。それはもう長蛇の列だ。日本の労働環境は破綻している。そう感じさせるほど長い列だ。待つ事30分。相談員に呼ばれ、小さなブースに入る。相談員は初老の男だ。深い皺が刻まれ、眼の下には濃いクマがある。おかしな話だが、労基での労働ももしかすると多忙を極めるのかもしれない。

相談員に向かって、かいつまんで相談内容を話した。現在の労働環境、未払い賃金、匿名でアクションを起こしたい事、目的は未払い賃金の回収等ではなく労働環境の改善もしくは叩けば埃が出るどころか存在そのものが埃のようなものなので監査や指導を入れて業務停止に追い込みたいなどなど...

彼は真摯に聞いてくれた。話を全て聞くなり一言「アウトですね」

そう、私が働く会社は労基にもアウトだと認められたのだ(わかっていたことではあるが)。

ただ問題があった。本社が新宿にあり、発信をしているのが本社だとしても私が働いているのが埼玉の営業所である以上、まずはその管轄の労基に行かなければ対応はしてもらえないらしい。

そんな理由で、2月中旬に埼玉中央区の労基へと赴いた。この間半月の空白期間があるのは、単に半月間休みが無かったからである。クソが。

さて埼玉中央区の労基。ここは新宿よりも大きかった。ビルの15階にて受付を済まし、相談が始まる。対応してくれたのは40代の女性職員だ。若い頃はさぞモテただろうと思わせる外見である。持参した出勤簿や給料明細等を見せながら説明をしていき、しっかりと聞いてくれた。聞いた上で、「ここは相談所なので、監督署に行きましょう」といった内容のことを言われた。監督署は下の14階にある。

相談員に連れられ14階へ。ここで新たな署員の登場だ。

この署員をハゲと表記する。

ハゲは人の話をまるで聞かず、結論ばかり勝手に話す。求めているのはそれではない、と口を挟んでも止まらない。順を追って話すからお前一回黙れよ、という旨をオブラートに包んで言ったがそれでも彼の口は止まらない。匿名で、と言っているのに実名での請求や裁判の話しかしない。彼の中では定型文が出来上がっていて、それを言うだけ。

しかしそこで私は気付いた。彼はおそらく具体的な対応をしたくないのだ。これは営業マンにしかわからない感覚かもしれないが、このハゲの感じは、''なんとしても契約する空気には持って行きたくない"時にお客さんが発する空気によく似ている。このハゲは仕事をしたくないのだ。

結局は相談員次第である。ちゃんと聞いてくれる人もいるがこのハゲのように話を聞かない奴もいる。そして多くの場合、満身創痍のブラック社畜はそのような対応をされるともう行かないという選択をする。なぜか。疲れているからだ。労基が空いているのは17:00まで。もちろんブラック社畜はそんな時間に労基に行くのは不可能だ。そして休日は労基に行く体力がない。そもそも休日がない。せっかくの休日を削って労基に行ってもこのざまならばもう行くもんか、となってしまう。

私はもう労基には行かないだろう。そもそも埼玉中央区で対応してもらったとしても新宿にある本社に監査が入ることはない。本社に監査を入れる場合は私が本社で働いていなければならないらしい。まったくもって意味のない話だ。

それからもう一つ。匿名を貫くとすれば「情報提供」扱いになるらしい。そして情報提供の場合、フィードバックがない。つまり監査が入っても入らなくても、その事実は情報提供者には伝わらない。そして監査に入るかを決めるのはあくまで署員であり、勝手に優先順位を決めてしまうらしい。

つまるところ、本当になにかのアクションを起こす場合、人でも死んでいない限りは匿名では厳しい。実名公開で争うか、もしくは早々に辞めるしかないだろう。その上、実名公開で争うのであれば膨大な量の手続きをしなければならない。そして争う為の証拠を出来る限り押さえなければならない。ブラック社畜にそんな体力と気力と時間はない。

日本の闇は深い。私はもう、疲れてしまった。

(2016年2月18日「Rock_ozanari's diary」より転載)

他のサイトの関連記事

全国労働基準監督署の所在案内 |厚生労働省

「まるでブラック」非正規相談員の労働時間延長

実習生に長時間労働 食品会社を書類送検 桜井労基署 /奈良

わずか約1カ月で3人死亡…連続事故の新日鉄住金に緊急点検要請 大分労働局