BLOG

02 | 力士が寿ぐ部屋 ~所作に込められた願い~

2014年07月04日 18時22分 JST | 更新 2014年09月02日 18時12分 JST

こんにちは。パークホテル東京・広報担当の早乙女です。

相撲は日本の国技ですが、単なるスポーツではなく、日本古来の神事であったことは広く知られています。アーティストルーム第1弾の「相撲」を制作した木村さんは、自らも相撲を取るという、大の相撲好き。力士の所作や習慣には、ひとつひとつ意味が込められていると、お話ししてくれました。

2014-07-03-kimura01.jpg

2014-07-04-kimura08.jpg

基本動作である四股には、地中に住む悪いものを踏みつけ、実りのある土地になりますようにという願いが。赤ちゃんを力士に抱いてもらうのは、健康や福の象徴である力士のように、元気に育つようにという願いが。

2014-07-04-kimura09.jpg

2014-07-03-kimura06.jpg

Photo by Hiro Tomino

相撲の形には、厳しい自然とともに生きてきた日本人の、感謝と繁栄への願いが込められているのですね。

これから暑い夏がやってきます。皆様どうぞ健やかな日々をお過ごしください。

アーティストルーム「相撲」の他の写真はコチラ。制作中の動画もご覧いただけます。

【パークホテル東京】

パークホテル東京は2003年9月1日開業、ドイツ・ベルリンに本社を構える「デザインホテルズ」に東京で初めて加盟しました。2013年には「日本の美意識が体感できる時空間」を新コンセプトに据え、ロビーでは日本の四季をテーマとした展示会を年4回開催するなど、様々なシーンで日本文化を取り入れています。

パークホテル東京 ホームページ:http://www.parkhoteltokyo.com/

アーティストルーム特集サイト:http://www.parkhoteltokyo.com/artcolours/aih.html

お問い合わせ&ご予約:reservation@parkhoteltokyo.com