BLOG

国際郵便の届く裏側 ~ 日本郵政グループ労働組合(JP労組) ~

2015年08月07日 01時11分 JST | 更新 2016年08月02日 18時12分 JST

連合版オトナの社会科見学

~JP労組  南関東地方本部 ~

2015-07-31-1438329855-9769812-TOP.jpg

川崎東郵便局

川崎東郵便局(神奈川県川崎市川崎区東扇島)は、郵便・物流ネットワーク全体の大幅な生産性向上の実現のための郵便ネットワーク再編の拠点、および日本に到着する国際郵便物の玄関口として、2013年に開局した。東京国際郵便局をはじめ、全国に6カ所ある「国際郵便通関交換局」の一つとして、国際郵便物の通関交換業務(税関検査等に付し外国と直接郵便物を交換する)を行うとともに、「地域区分局」として、24時間体制で配達局・地域別に郵便物を仕分ける業務も行っている。

2015-07-31-1438329909-8142579-01.jpg

日本と世界をつなぐ国際郵便の拠点

川崎駅から車で約30分、東京湾を望む川崎東郵便局。2年前に国際船便郵便物を中心に取り扱う交換局として開局後、成田国際空港郵便局(現在は廃止)と東京国際郵便局および大阪国際郵便局の業務も一部移管され、今では日本に到着する国際郵便の9割がここを通過するのだとか。

2015-07-31-1438329934-2127806-02.jpg

石塚さんはこの国際郵便統括部で経理を担当。といっても業務の内容は経理に留まらず、物品の取りそろえや顧客からの問い合わせ対応、ときには現場の応援の手配や自ら赴くことも。「何でも屋さんですね(笑)」。

関さんは主に〝事故〟と呼ばれる郵便物の破損などに対応。「差出人も受取人もまったく判別できない郵便物があって、日付印などのわずかな情報からなんとか割り出したり。時間のかかる大変な仕事です」。

石塚さんも「輸送途中に宛名ラベルが剥がれたりにじんで見えなくなると、どこへ行ったかわからない。外国とは一つひとつのやりとりに時間がかかるので、1人のお客様の対応に半年以上かかることもあります」。

追跡しきれなかった荷物もあるとか。

「日本のように細かく調べてくれる国は、なかなかないんですよ」。

2015-07-31-1438329967-3361628-hidari1.jpg

2015-07-31-1438329990-7652273-hidari2.jpg

国際郵便は各国の郵便事情や法律などの専門知識も必要な部署。関さんは営業として入社後、海外と接する仕事がしたいと社内試験を受け、昨秋、配属に。「覚えることがたくさんあって、ミスもしてしまって。

でも業務の内容をより理解できるようになったので、必要な経験だったのかなと。

国際郵便の交換局は全国に6局、携われるのは限られた者だけ。やりがいを感じます。 2015-07-31-1438330074-9939673-hidari3.jpg

2015-07-31-1438330100-6579565-hidari4.jpg

あとまだ予定はないですが(笑)、いつか結婚や出産をしたら、仕事と家庭を両立したいという思いもありますね」。石塚さんは「今は仕事に楽しみはないかな(笑)。それが、責任ある立場にいるということだと思います」。

目標は「お客様がより使いやすい、もっとスムーズな郵便の流れにできたらと思います」。

※こちらの記事は日本労働組合総連合会が企画・編集する「月刊連合 2015年7月号」に掲載された記事をWeb用に編集したものです。「月刊連合」の定期購読や電子書籍での購読についてはこちらをご覧ください。