BLOG

日本で一番知名度の高い女性アスリート・浅田真央が現役復帰

2015年05月18日 17時10分 JST | 更新 2016年05月17日 18時12分 JST
TOSHIFUMI KITAMURA via Getty Images
Japanese figure skating star Mao Asada answers a question while attending 'The Ice,' a summer ice show's press conference in Tokyo on May 18, 2015. Asada wrote on her blog earlier about returning to the competition. AFP PHOTO / TOSHIFUMI KITAMURA (Photo credit should read TOSHIFUMI KITAMURA/AFP/Getty Images)

2014年のシーズン終了後、浅田真央選手が休養を発表。現役か引退かを、「ハーフハーフ」と発言していましたが、5月18日に現役続行を発表しました。

浅田選手は世界選手権で3度、グランプリファイナルで4度、全日本選手権では6度優勝していますが、オリンピックではバンクーバーで銀、前回のソチでは6位と金メダルに手が届きませんでした。

レピュコムが行った「セレブリティDBI」と呼ばれる調査では、浅田選手の日本国内の「認知度」はなんと99.4%に達し、女性アスリートでNo.1(全体の1位はイチロー選手)。まさに、日本中の誰もが知っている選手という結果となりました。

また、同じ調査で「魅力があるか」という質問に対し、男女全ての日本人アスリートの中で浅田選手が1位でした。フィギュアスケートだけでなく、日本のスポーツシーンにとっても、浅田真央選手は欠かせない存在なのです。

★セレブリティDBIによる「世界で影響力のある女性アスリート」のデータはこちらをご覧ください。

*****

◆セレブリティDBI
アルゼンチン、オーストリア、ブラジル、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、メキシコ、ロシア、スペイン、トルコ、イギリス、アメリカの15カ国、合計16億人から構成されるマーケットの16歳から69歳までを対象に意識調査を実施。
8つの指標(認知度、魅力、憧れ、躍進、スポンサー契約、影響、流行を創る、信頼)を分析し、市場価値をスコアにしたものです。
★セレブリティDBI