BLOG

オリンピックに関する関心や興味の調査結果

2016年03月08日 00時11分 JST | 更新 2017年03月07日 19時12分 JST

2013年、東京開催決定から着々と準備の進むオリンピック。レピュコムでは2015年に4回の調査を実施。「オリンピック・パラリンピック」に対する関心や興味の推移を調査しました。

その結果、オリンピック、パラリンピックともに3月から6月に興味度が上がり、その後は横ばいで推移していました。

2016-03-06-1457288479-2729509-1.jpg

また、2016年のリオ・デ・ジャネイロ大会よりも、2020年東京大会への関心が高く、東京大会への関心は継続して高まっています。

2016-03-06-1457288541-2319234-2.png

オリンピックの競技別認知率や観戦意向度を調べると、日本が過去に金メダル獲得をした「柔道」「陸上」「レスリング」などの競技の認知が高くなっています。

その一方で観戦意向が高いのは、スポーツとして人気の高い「サッカー」「バレーボール」「野球・ソフトボール」でした。

2016-03-06-1457288643-6669802-6.jpg

2016-03-06-1457288687-6590794-5.png

※SPONSORLINK 調査概要

・インターネットウェブ定量調査(16歳~59歳の男女)

(1)サッカー、野球:31都道府県、サンプル数2,788~2,879人(2015年3・6・9・12月に実施)

(2)全体調査:31都道府県 1,030人(6月実施)、全国 2,060人(9・12月実施)

★データで見るスポーツマーケティング

★レピュコムHP

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

2020年東京オリンピック招致