Rootport
Rootportさんの最新投稿情報を受け取る
ブログ『デマこいてんじゃねえ!』を運営している匿名ブロガー。1985年東京都生まれ……という設定になっているが真偽のほどは判らない。主な活動拠点は京都、東京。仕事でイギリス、中国などに足を運ぶことも。会計や経理、映画やアニメに造詣が深い。独自の視点から書かれるブログ記事が人気を集めている。


「匿名ブロガー」を名乗る理由については以下をご参照ください。
 ■ネットでは「誰が言ったか」よりも「何を言ったか」/匿名主義の信条

Rootportさんによる記事一覧

クリエイティヴな仕事をするときに知っておきたいこと

(0) コメント | 投稿日 2015年04月17日 | 12時44分

クリエイターを使う業界では、危機的な事態が頻発する。〆切を過ぎてもモノがあがってこないのだ。

記事を見る

そんなに稼いでどうすんの?/ベンチャーマインドをアップデートする

(1) コメント | 投稿日 2015年04月03日 | 13時22分

古い慣習や常識を打ち破ろうとする心 ── ベンチャーマインド ── がなければ、あらゆる組織は崩壊し、あらゆる社会は衰退する。私たちが社会を継承し、生き続けるために、「ベンチャーマインド」は必要不可欠だ。

記事を見る

働くのが怖かった。

(0) コメント | 投稿日 2015年03月20日 | 15時07分

15歳になり、アルバイトを始めることになった。お小遣いを稼ぐためには、採用面接という勝負を避けられない。そして愕然としたのだ。

記事を見る

転職が増えると働けない若者が増える、かも。

(0) コメント | 投稿日 2015年03月06日 | 11時32分

日本人の職業能力は、民間企業での人材育成に一任されてきた。ところが現在、民間企業での人材育成は機能不全に陥りつつある。

記事を見る

「あんたバカだな」では反論にならないという話

(4) コメント | 投稿日 2015年02月20日 | 13時43分

人間は、一般的にバカだ。現代社会は、果てしなく分業が進んだうえで成り立っている。

記事を見る

自分の「報酬」は自分で決めるべき/モチベーションとゲームと仕事

(1) コメント | 投稿日 2015年02月06日 | 15時57分

世の中の「仕事」には二つの種類がある。「面白い仕事」と「退屈な仕事」だ。

記事を見る

私たちがネットで失ったもの/YouTuberが必要とされるわけ

(4) コメント | 投稿日 2015年01月23日 | 12時50分

新製品を世に出すと、まずは「新しいもの好き」な消費者が飛びつく。彼らを〈イノベーター〉と呼び、全消費者の2.5%だと言われている。

記事を見る

「アイディア」を「意見」に変える方法/せめてSQとAPは考えようぜ

(0) コメント | 投稿日 2014年12月05日 | 13時13分

より適切で妥当な判断を下すためには、判断基準になる「思考法」が必要だ。そして「S.Q.とA.P.の比較」は、数ある判断基準のなかでもとくにシンプル・かんたんで、今日からすぐに使える。「誰が言ったか」よりも「何を言ったか」を重視して議論できるようになる。

記事を見る

「人から好かれる努力」をすべきではない3つの理由

(7) コメント | 投稿日 2014年11月28日 | 13時07分

人生は短い。好きでもない相手に気に入ってもらおうとするなんて時間の無駄だ。コミュニケーション能力がないことを思い悩むほうが、よほど精神衛生上よろしくない。

記事を見る

ライフハックよりも「教養」が流行っている理由/トラブルシューティングの効かない時代に

(5) コメント | 投稿日 2014年11月21日 | 13時34分

歳を重ねたヒトほど、何か問題に直面したときに、過去の経験から解決策を探そうとする。知識にもとづいて思考する手間を省くようになってしまう。だから歳を取るとヒトは頑固になり、変化に適応できなくなっていく。「教養」を使いこなせるということは、若さの証拠だ。

記事を見る

豊かさって、カネを使うことなの?

(7) コメント | 投稿日 2014年11月14日 | 14時42分

こんな世の中で、以前のような豊かさを取り戻すことは不可能ではないか。ぼくらの前には絶望しかないのではないか......。暗澹たる気持ちにとらわれている人が少なくない。

記事を見る

ネットユーザーに送る「十か条」

(9) コメント | 投稿日 2014年11月07日 | 13時02分

最近、『逆説の十か条』というものを知った。数年前にネット上で大流行したらしい。が、恥ずかしながら私は知らなかった。ネットは広大だ。とてもいい言葉だと感じたので、このブログでも紹介したい。

記事を見る

「遊び」こそが進歩のみなもと/生活保護って本当に必要ですか?

(5) コメント | 投稿日 2014年10月31日 | 16時41分

私たちの社会は無駄を増やし、「遊び」を増やしながら進歩してきた。無産階級がめざましいアイディアを生み出した例は枚挙にいとまがない。「働かない人々」の層は、人類を次のステップへ進める揺籃なのだ。

記事を見る

私たちが「豊かな生き方」をするのに必要なもの/競争でも平等でもなく、多様化を!

(1) コメント | 投稿日 2014年10月24日 | 13時52分

多様なミームを受容できる社会――そんな社会こそ、人類を進歩させる原動力になる。私たちが目指すべき社会であり、グローバル化によって現実になろうとしている社会だ。

記事を見る

なぜネット上の"すごい人"に嫉妬するのか

(1) コメント | 投稿日 2014年10月17日 | 13時19分

ネット上の"すごい人"に嫉妬を覚えるのは無駄だ。彼らの努力は表には見えないし、私は彼らのようにはなれない。絶対になれない。でも、それでいいのだ。

記事を見る

私が好きな人の9の特徴

(2) コメント | 投稿日 2014年10月10日 | 12時37分

私は、友人に恵まれています。私は友だちが多いほうではありません。しかし、みんな素晴らしい人ばかりです。今回はそういう"私の好きな人"の特徴を9つ挙げてみようと思います。

記事を見る

「分析眼」が欲しい人へ

(1) コメント | 投稿日 2014年10月03日 | 11時41分

「分析眼がある」とは、要するに「違いを認識する力」と「共通点を抜き出す力」のそれぞれを充分に持っていることだ。よく似たものを前にして「では違いはどこにあるのか?」と考える力。ぜんぜん似てないものを前にして「では共通点はどこにあるのか?」と考える力。そのどちらが欠けても、分析の眼は曇る。

記事を見る

「相手の気持ちを考えなさい」か「自分の意見を言いなさい」か

(3) コメント | 投稿日 2014年09月19日 | 15時04分

「相手の気持ちを考えること」と「自分の意見を言うこと」は、ふつうは両立できる。しかし特殊な状況下では、そうも言っていられない。たとえば、相手の気持ちをおもんぱかると自分の不利益になる状況だ。不利益から身を守るためには、相手の感情に目をつぶらざるをえない状況だ。つまり、相手を負かさなければ自分が負ける状況。ゼロサム・ゲーム。要するに「交渉」をするときだ。

記事を見る

いまの日本なんか棄ててしまえ/英国の消費税が高いわけ

(3) コメント | 投稿日 2014年09月12日 | 12時36分

ヒトとして最低限の営みが考慮されていない――そんな社会は先進的でも持続可能でもない。世の中の難問について考えるときに、「生物としてのヒト」を無視することはできない。

記事を見る

自分を論理的だと思っている人へ/論理的思考は魔法の杖ではないって話

(21) コメント | 投稿日 2014年09月06日 | 17時23分

ここ数年、「論理的思考」がバズワードになっている。論理的思考を磨かなければと誰もが強迫観念にかられ、今では「ロジカルな人」が最高の褒め言葉だ。40年前のサラリーマンが「モーレツ」であることを誇りに思い、10年前のビジネスマンがチーズはどこに消えたのか頭を悩ませていたように、現在の日本では「論理的思考」が尊ばれている。まるで、魔法の杖のように。

記事を見る