BLOG

インディーズから商業出版へ!「アニウッド大通り」誕生秘話・記伊孝さん独占インタビュー(1/5)──商業化で、写植を全部入れ替えなきゃいけない!

2014年08月31日 22時33分 JST | 更新 2014年10月30日 18時12分 JST

2014-08-28-01.jpg

月刊群雛 (GunSu) 2014年09月号』には、インディーズから商業出版を果たした『アニウッド大通り』の作者で、漫画家の記伊(きい)(たかし)さんの独占インタビューが掲載されています。なぜインディーズだったのか、どんな苦労があったのか、いろいろ突っ込んだお話をお聞かせ頂きました。第1回め。

アニウッド大通り 1 (アニメ監督一家物語) [Kindle版]
アニウッド大通り 1 (アニメ監督一家物語) [Kindle版]

商業化で、写植を全部入れ替えなきゃいけない!

── まずは漫画『アニウッド大通り(ブルーバァド)』の単行本化、おめでとうございます。

記伊孝(以下、記伊) ありがとうございます。

── 今回の単行本化は、星海社COMICS担当の山中武さんから声がかかったんですよね。

記伊 そうですね。

(編注:星海社『最前線』編集者ブログに山中武氏へのインタビューが載っています)

── 山中さんからは、どのような形で連絡があったんですか?

記伊 やっぱりTwitterです(笑)

(編注:このインタビューの依頼も、Twitterで行いました)

── 公開の場でですか?

記伊 いや、DMです。

(編注:このインタビューの依頼も、TwitterのDMです)

── 単行本化にあたって、一部加筆と再編集を行っているそうですね。どのように変わるのかが楽しみなんですが、Twitterで苦労されているつぶやきを拝見しました。

記伊 写植を全部入れ替えなきゃいけないんですよ。それが結構大変なんですよね。でもやっぱり(出版社による)写植が入ることで、見え方が変わるというか、本物っぽく見えるというか(笑)

── 本物っぽくって(笑)

記伊 写植のイメージカラーってあるんですよ。『ジャンプ』特有の写植というのがあって、それを載せると『ジャンプ』っぽくなるとか。

── ああ、なるほど。

記伊 ちゃんとルビが入ったりとか。マンガっぽい「画面」になるのが嬉しいな、というのはありますね。

── マンガの写植って、ひらがなが明朝で漢字がゴシックみたいな感じで、結構独特ですよね。

記伊 そうですね。

── ボクはあとがきマンガ『巨匠と過ごした夏』が大好きなんですが、こちらも完全収録なんですね。五巻の可愛い庵野さんが印象的でした。

記伊 あははは。

〈続く〉

----------

記伊孝さんのTwitterアカウントはこちら。

記伊孝さんの『アニウッド大通り(1) (星海社COMICS)』は全国書店や、Amazon楽天ブックスなどの通販にて9月10日から発売予定です。

『アニウッド大通り(1) (星海社COMICS)』
『アニウッド大通り(1) (星海社COMICS)』

記伊孝さんにはこのインタビュー以外に、特別読み切り漫画を寄稿頂いてます。他にもインディーズ作品が多数掲載された『月刊群雛 (GunSu) 2014年09月号』は、下記リンク先からお求め下さい。

月刊群雛 (GunSu) 2014年09月号
月刊群雛 (GunSu) 2014年09月号の詳細はこちら