大城聡
大城聡さんの最新投稿情報を受け取る
 
一般社団法人裁判員ネット代表理事、福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN)事務局長、築地市場移転問題弁護団事務局長、日本ペンクラブ平和委員会副委員長を務めるなど公益活動を積極的に行う。山梨学院大学法科大学院チューター、昭和薬科大学非常勤講師として憲法・行政法の講義を担当。沖縄国際大学沖縄法政研究所特別研究員。
主な著書・論文に『築地移転の謎 なぜ汚染地なのか』(花伝社)、『良心的裁判員拒否と責任ある参加』(公人の友社)、「裁判員制度と法教育」(法と教育Vol.4)など。

大城聡さんによる記事一覧

築地再生への道-市場問題PT報告書を読み解く⑤

(0) コメント | 投稿日 2017年06月20日 | 13時52分

いずれの方法を採用するにしても、市場関係者との綿密な協議は欠かせないことになります。

記事を見る

築地再生への道-市場問題PT報告書を読み解く④

(0) コメント | 投稿日 2017年06月20日 | 13時45分

築地は、多くの好条件に恵まれています。これらの好条件を活かすのが、報告書の描く「新しい築地市場」です。

記事を見る

築地再生への道~市場問題PT報告書を読み解く③

(0) コメント | 投稿日 2017年06月12日 | 20時49分

豊洲市場への移転策と築地改修案があるが、いずれの場合も10年後の近未来、更にその先を考慮して持続性を考えなければならない。

記事を見る

築地再生への道~市場問題PT報告書を読み解く②

(0) コメント | 投稿日 2017年06月12日 | 19時44分

仲卸を中心とした食材の目利きの技に支えられた「築地ブランド」。市場問題PT報告書ではその価値と課題について言及しています。

記事を見る

築地再生への道~市場問題PT報告書を読み解く①

(0) コメント | 投稿日 2017年06月10日 | 00時46分

築地跡地の民間売却という暗黙の前提から解き放たれると...

記事を見る

豊洲新市場の汚染―「無害化の約束」とは何か?

(1) コメント | 投稿日 2017年06月01日 | 18時51分

小池都知事が豊洲新市場の「無害化の約束」が実現できていないことを謝罪した。この「無害化の約束」とは何か。

記事を見る

裁判員制度の現状と課題

(3) コメント | 投稿日 2017年05月19日 | 20時03分

裁判員制度は司法への市民参加の制度ですから、辞退率の上昇と出席率の低下は制度の根本に関わる問題です。

記事を見る

民泊新法(住宅宿泊事業法案)について

(0) コメント | 投稿日 2017年05月19日 | 19時20分

まずは同法案の骨子について解説します。

記事を見る

石原慎太郎元都知事の責任を問う住民訴訟

(1) コメント | 投稿日 2017年03月15日 | 22時53分

私は原告弁護団事務局長を務めていますので、この住民訴訟のポイントについて記したいと思います。

記事を見る

民泊に関する新法の枠組みと論点

(0) コメント | 投稿日 2016年10月25日 | 21時16分

民泊特区に関して、平成28年10月25日、最低宿泊日数を「6泊7日以上」から「2泊3日以上」に短縮する閣議決定されました。

記事を見る

豊洲市場―移転への高いハードル

(0) コメント | 投稿日 2016年10月11日 | 14時32分

豊洲市場への移転は、「食の安全性や信頼が確保」されること、「市場関係者や消費者の理解を得ること」という高いハードルを超えなければなりません。

記事を見る

築地市場の豊洲移転問題

(0) コメント | 投稿日 2016年08月28日 | 19時09分

移転に反対する理由は、様々なものがありますが、大きく2つに分けると豊洲市場の土壌汚染と物流関係の問題があります。

記事を見る

公職選挙法とインターネット ~新しい言論空間の誕生~

(1) コメント | 投稿日 2016年07月26日 | 16時12分

公職選挙法とインターネットを利用した言論(報道・評論)がどのように自由になったのか、その意義は何なのかを解説します。

記事を見る