BLOG

Tesla の Autopilot と Netflix でオレゴンまで皆既日食を観に行った話

2017年08月22日 17時31分 JST

昨日から今日にかけて(米国時間8月19日〜20日)、皆既日食を観るためにオレゴンまでドライブして来たので、時系列で書いて「週刊 Life is beautiful」の特別号として配信することにしました。いつもと違って、推敲をする時間も惜しんで書いているので、誤字脱字が(いつもよりも)多いとは思いますが、そこはご了承ください。

一ヶ月前

かなり前から、「せっかくの機会なので是非とも行かねば」とは思っていたのですが、具体的な計画を立て始めたのは、1ヶ月前ほどです。Tesla の自動運転をたっぷりと試すにも絶好の機会です。

シアトルからだと、車で4時間ほどのところなので、日帰りも可能かも知れませんが、かなりの渋滞が予想されるので、朝の10時までに現地に着くためには、夜中に出発しなければいけません。そこで、前日に一泊だけポートランドに泊まることにしました。

幸いなことにホテルの部屋はその時点では少しは空いており、予約は出来ましたが、料金は通常の倍の500ドル超です。AirBnB も一応調べましたが、予約率は97%で、泊まりたい様なところは空いていませんでした。

同時に、アマゾンで日食を観るためのメガネを購入しました。色々な商品が並んでいましたが、「ISO Certified」と書いてある商品ならば安心だろうと注文しました。紙で出来たメガネなので10個で $12.99 という安価な商品です。

Glasses

一週間前

ところが、一週間前になって、アマゾンからこんなメールが送られて来ました。

We're writing to provide you with important safety information about the eclipse products you purchased on Amazon (order #112-6468158-7825003 for Solar Eclipse Glasses CE & ISO Certified - Safe Solar Viewing - Eclipse Glasses 2017 (10pack)).

To protect your eyes when viewing the sun or an eclipse, NASA and the American Astronomical Society (AAS) advise you to use solar eclipse glasses or other solar filters from recommended manufacturers. Viewing the sun or an eclipse using any other glasses or filters could result in loss of vision or permanent blindness.

Amazon has not received confirmation from the supplier of your order that they sourced the item from a recommended manufacturer. We recommend that you DO NOT use this product to view the sun or the eclipse.

Amazon is applying a balance for the purchase price to Your Account (please allow 7-10 days for this to appear on Your Account). There is no need for you to return the product. You can view your available balance and activity here... 

その商品は、安全ではないので使わない様に、というのです(料金は払い戻し、返品の必要はなし)。アマゾンによると、安全のためにはメガネメーカーに NASA の認証を受ける様にリクエストしたのですが、この製造元は、それに返事をしなかったとのことです。

アマゾンとしては万が一のことを考えて、最大限のことをしたのでしょうが、大した売上のない中小の業者にとっては、認証を取ることはかなりの負担になると思います。

私が購入した(リコールされた)メガネも、それで(日食ではない)太陽を観ても問題なさそうです。小学校の頃は、下敷きで日食を観ていたことを考えれば、十分に安全に思えます。試しに、そのメガネで太陽を観てみると、ちょうど下敷きごしで観た様な感じで、危険とは思えません。ISO の認証番号もちゃんと書いてあります(ただし、この認証番号は特定の商品に着くものではなく、安全基準を表すものなので、勝手に名乗ることは違法ですが可能です)。

IMG_9065

その頃になると、地元のメディアも盛んに日食に関して報道をし始め、日食は肉眼で観ない様にと注意をしたり(当然、アマゾンによるリコールの話題もありました)、皆既日食を観るためには、オレゴン州までドライブする必要があることなどを指摘しています。

大勢の人が行くと道路が渋滞するので(基本的に I-5 という高速が一本あるだけです)、あまり報道しては欲しくなかったのですが、そこからは毎日の様に報道が繰り返されました。

その頃になって少し気がかりになって来たのは、Tesla の充電です。シアトルからポートランドまでは約200マイルなので、途中で充電なしでたどり着くことは可能ですが(私の Model X は満タンで 230マイル)、Portland 市内には(Tesla が提供する)スーパーチャージャーはないので、やはり途中の Centralia で充電することが必要です。さらに、Portland から皆既日食が観られる Salem への行程で再度充電することが可能ですが、100万人もの人が日食のために集まると言われている Salem のすぐ近くの Super Charger で簡単に充電できるとは考えない方が良さそうです。

一度は Tesla でない方の車で行くことも考えたのですが、この長距離ドライブは Tesla の Autopilot 機能のメリットを試すには最高の機会です、多少のリクスを負ってでも Tesla で行こうと思いました。

前々日(8月19日)

前日になり、妻が「私は行きたくない」と言いだしました。報道によると、普段2万人しかいない Salem に100万人近くの人が集まるらしく、渋滞だけでなく、駐車場、レストラン、公衆トイレなどが足りなくなるだろうと言い始めたからです。

なんとしてでも行きたい私は、水と食料だけは十分に詰め込み、最悪の場合に使う様にと(米国では手に入らない)「携帯トイレ」代わりにオシメを買い込んだのですが、それがトドメを刺した様です。

IMG_3891

少し残念でしたが、色々と問題があった時に私一人の方が対処しやすいこともあり、一人で行くことにしました。

充電に関しては、相変わらず気がかりでしたが、予約したホテルに電話してみると、ラッキーなことに Tesla 専用のチャージャーが一台だけあり、車の鍵を預けてくれれば充電はしておくと言ってくれました。「チャージャー一台で足りるのか?他のゲストが Tesla に乗って来たらどうするのか?」という疑問符が頭に浮かびましたが、とりあえずホテルでの充電がうまく行く前提で計画を立て直しました。

往路では、シアトルから90マイル強のところにある Centralia で充電し、そこからPortland では(同じく90マイル強)のホテルに移動します。夜中にホテルで充電してもらい、そこから Salem (50マイル強)までの間に、もう一つスーパーチャージャー(Woodburn というう場所)がありますが、そこには立ち寄らずに一気に下って日食を観ます。

しかしそうすると、帰りに Woodburn に立ち寄らなければ、Centralia まで行けないので、Salem で一般の充電施設で充電する必要があります。スーパーチャージャーではないので、時間はかかるし有料ですが、朝早く起きて行けば、なんとかなりそうです。

Blink という充電ネットワークの専用アプリをダウンロードしてみると、Salem の Walmart に充電器が二つあるので、そこに止めて充電しながら 日食を見ることにしました。

ちなみに、一人で長時間運転するとなれば、なんらかの退屈しのぎが必要です。そこで、あまり褒められた話ではありませんが、いくつか映像を用意して行くことにしました。ダウンロードを可能にした Amazon に対抗して、最近は Netflix アプリでも映像を前もってダウンロードしておくことが可能なので、それを活用することにし、映画を数本とアニメのシリーズを二つほどダウンロードしておきました。

IMG_0747

前日(8月20日)

Portland までは、通常であれば3時間ぐらいで行けますが、渋滞が予想されるので少し早めに出ることにしました。Autopilot を使うとは言え、途中で眠くなっては行けないので、早めのお昼を食べ、18分の昼寝をしてから出発しました。ちょうど午後の1時でした。

最初の目的地を、Centralia のスーパーチャージャーのステーションに設定して出発しました。到着予測時刻は午後の3時ちょうどでした。制限速度は時速70マイルの高速道路なので、それを少しオーバーするぐらいのスピードで運転できれば、2時半には着くはずですが、やはり渋滞が始まっているのでしょう。

IMG_4449

最初の20分ほどは、真面目に運転していましたが、I-5 に入ったところからは、単調な道が続くので、運転は Autopilot に任せて、映像を楽しむことにしました。

こんなことを書くと、「違法だ」「危険だ」「悪い見本だ」という批判が来るだろうことは十分承知ですが、Tesla の Autopilot に関しては、毎日の様にテストを繰り返しているので、どんな環境で任せられるのか/任せられなくなるのかは十分に把握しているつもりです(いわゆる「テレビを観ている良い子は真似しないでね!」です)。

ちなみに、ワシントン州では、運転中に映像を観ることは(明示的には)禁止されていませんが(厳密に言えば「注意義務」違反とも言えますが)、携帯電話を操作することは法律で禁止されています。

最初は、途中まで観ていた Netflix オリジナルの Okja の続きを観ようとダウンロードして置いたのですが、韓国映画なので、字幕を読む必要があり、これは無理なことに気がつきました。そこで、同じくダウンロードしておいた、「ソードアートオンラインII」を観ることにしました。

「ソードアート・オンライン」のことは、(Facebook が買収した VR ゴーグルを開発・販売している)Oculas のファウンダーの Palmer Luckey のインタビューで知り(大ファンだそうです)、シリーズ I とシリーズ II の前半のみ観ていたので、その残りをダウンロードしておいたのです。

ちなみに、iPhone は、クラスターメーターの上に置きました(下図)。この位置であれば、目線を道路からほどんど離す必要もないからです。

IMG_8167

唯一の問題は、熱がこもって iPhone が熱くなってしまうことでしたが(あまり熱くなると、動かなくなります)、時々クーラーの吹き出し口に挟んで冷やしてあげることにより解決しました。

IMG_3869

Centralia までの運転は、とても順調でした。ところどころ渋滞もありましたが、カーナビの予想通り3時ちょうどに着きました。Autopilot にしていると、時々遅い車の後ろに引っかかってしまうので、何度かは手動に切り替えて追い抜きをしましたが、基本は Autopilit に任せきりでソードアート・オンラインを楽しみました。

Centralia の充電ステーションに到着してみると、全てのチャージャーが使われています。幸い、待っている車は見当たりません。スーパーチャージャーを使うのは初めてなので、どんな流儀で待つべきかが分からなかったので、単に向かい側に駐車して待っていました。

IMG_4961

すると、すぐにもう一台の Tesla がやって来ました。家族連れの乗る Model X です。「お前は待っているのか?」と聞かれたので、「そうだ」と答え、これから「これから日食を観に行くんだ」「私もだ」「どこから来たんだ?」などと他愛のない話をして待ちます。そうこうする内に、さらに二台がやって来たため、「あなたは三番目」「あなたは四番目」などとリーダーシップを発揮せざるを得ませんでした。本来ならちゃんと並ぶべきだったのかも知れませんが、私が真ん中に陣取ってしまったため、後の祭りです。

10分ほど待つと、ようやく一台が空いたので、すかさずバックで入れて充電を始めます。専用のアプリで調べると満タンまで1時間20分と出ているので、近くのマクドナルドで時間を潰すことにしました(この特別号の前半は、そこで書きました)。

小一時間ほど経つと、スマフォに「充電が終わりました」という連絡が入ります。その時は知らなかったのですが、スーパーチャージャーの充電器は、二台ごとにペアになっており、最初に接続した方により多くの電流を流すように設計してあるそうです。そのため、(隣で先に充電していた車が入れ替わることにより)当初の予想よりも実際には短くなるケースが多いそうです。

空いている時により高速に充電するための工夫だそうですが、結果的に「良いおもてなし」をすることになっています。

充電が終わって、今度は Portland のホテルを行き先に指定してドライブの開始です。到着予定時刻は午後の6時でしたが、これもほぼ予定通りに着きました。Tesla は Google Map をカーナビに使用していますが、渋滞予測に関しては、Google のカーナビよりも優秀なように感じます。ひょっとすると、渋滞予測のみは、他の Tesla の走行状況から計算しているのかも知れません。

Portland のホテルに着くと、ベルボーイ(駐車場の担当者)に車と鍵を預け、充電しておくように頼みます。充電器が一つしかないことは知っていたので、ちゃんと充電してもらえるかどうかが心配で、部屋に行ってすぐにアプリで確認すると、すでに充電が始まっていました。

ただし、充電のスピードは、スーパーチャージャーとは大きく違い、満タンになるまで4時間15分かかります。これでは、4人の客が Tesla で乗り付けたら一晩でフル充電することは不可能になってしまいます。全部で300室ぐらいのホテルなので、Model 3 が普及するまでには充電施設を増やす必要があります。

IMG_0718

いずれにせよ、予定通りホテルで充電が出来たのは幸いでした。これであれば、Salem までは充電なしで問題なく行けるので、自由度が大きく増しました。

夕食は、ホテルの近所の日本食屋で軽く済ませ、明日に備えて早く寝ます。フロントに電話をして、朝食のルームサービスを6時に頼んでおきました。さらに、ベッドに入る前に、充電が順調に進んでいること確認して、安心して眠りに着きます。目覚ましは6時5分前にセットしておきました。

当日(8月21日)

先日、早く寝すぎたのか、興奮しているのか、朝の3時に目が覚めてしまいました。パソコンで時間を潰していたところ眠くなったので、再びベッドに入って眠りました。

すると、目覚ましが鳴る少し前に、電話の音で叩き起こされました。何だろうと思い、受話器を取ると、フロントからで、「キッチンでトラブルがあったので、朝食を持ってこれるのが6時半になる」と言います。

困ったなとは思いましが、朝食抜きでは出かけたくなかったので、シャワーを浴びたり、荷物をまとめたりして朝ごはんを待ちます。Google Map で調べると、すでに渋滞は始まっています。

実際には6時20分には朝食が来たので、手取り早く食べて、6時40分には部屋を出ます。それも5分前にはフロントに電話をして、車をフロントドアの前にまで前もってもって来てもらうという念の入れようです(普段は、チェックアウトしてから頼むので、5分ほどロスします)。

チェックアウト後、すぐに出発し、高速に乗ったのは良いのですが、Autopilot がオンになりません。どうしたものかと色々と操作していると、原因が分かりました。ホテルで車を預ける時に「Valet モード」にしておいたのです。「Valet モード」にすると、プライバシー上問題になる「自宅に戻る」や「電話帳」などの機能がオフになるのですが、Autopilot までもがオフになるとは知りませんでした。

運転しながら、何とか「Valet モード」をオフにしようと試みるのですが、うまく行きません。一度車を止める必要があるようです。

仕方がないので、一旦高速道路から降り、車を止めて「Valet モード」をオフにします。時間は若干ロスしますが、Autopilot 機能なしで長距離運転は出来ません。

すぐに高速に戻り、(Portland 市内の迂回路である I-405 から)I-5 に乗り換えると、再びAutopilot に運転を任せて「ソードアートオンラインII」の視聴をします。

ちなみに、ソードアートオンラインは、ライトノベルがベースですが、とても良く出来ています。オンラインゲームをしたことがない人には理解しにくいとは思いますが、オンラインゲームでの人間関係が、リアルの人間関係と同じぐらいに人の感情を動かす、ということが、とても丁寧に描かれている逸品です。

2時間ほど運転すると、Salem の手前の Woodburn という町のスーパーチャージャーがカーナビに表示されました。昨日立てた予定では、そこで充電する必要はなかったのですが、高速の出口のすぐ近くなので、試しによってみるのも悪くないと思いました。チャージャーが空いていなければ、すぐに高速に戻れば良いだけの話です。

高速から降りると、ちょうど別の Tesla が目の前を走っています。「この人もスーパーチャージャーに行くのだろうな。どうせ混雑しているだろうな」と思いつつ後をついて行くと、最後の最後で、その Tesla は別の駐車場に入ってしまいます。

「あれ、間違ったのかな?」と思いつつ、カーナビの指示通りにスーパーチャージャーに向かうと、何と一台だけステーションが空いています。「ラッキー」と思いつつ、バックで駐車していると、さっき別の駐車場に入った Tesla がそこにやって来ました。やはり、間違った駐車場に入ってしまったのです。

少し申し訳ない気持ちもありましたが、だからと言って譲る理由もないので、充電を始めます。

満タンまで50分、その時はまだ8時を少し回っただけだったので、十分に時間はあります。ここで満タンにすれば、Salem まで行って日食を観て、折り返しで一気に Centralia まで戻れます。

時間を潰そうと近所のレストランを観ると、すぐ近くにあるレストラン二つのうち、一つはしまっており、もう一つは超満員で人が溢れています。仕方がないので、しばらく歩いたところにあるスターバックスに行くと、そこも人が溢れています。さらにすごいことに、トイレにも十五人ほどが並んでいます。

「この人たちも全員 Salem に行くつもりなのか!」と驚いて周りを見渡すと、少し様子が違います。駐車場は満杯だし、駐車場の横にある建設予定地には、ピクニックシートの上に座った家族づれや、高級そうなカメラを設置している人なのがたくさんいます。

私が、折りたたみの椅子に座っている老夫婦に、ここでも皆既日食が観えるの?と尋ねると、「そうよ、ここでも1分半ぐらいは観れるのよ。Salem まで行けば2分だけど、人の数がすごいから、ここにしたの」と言います(ちなみに、その夫婦はカルフォルニアから飛行機で来たそうです)。

IMG_0859

それを聞いて「それであれば、ここで観るのも悪くない」と気がつきました。と言うのも、Salem まで行くと、帰りの渋滞がすごいことになりそうな予感がしていたからです。100万人もの人が集まっていれば、高速の入り口どころか駐車場の出口からすごい渋滞になることは目に見えているし、そこで時間を少しでもロスをすれば、I-5 の渋滞が悲惨になることは明らかだからです。

目的は「皆既日食を観ること」なので、それが2分から1分半になったことで、大した違いはありません。それよりも、渋滞のために家に戻る時間が1時間、2時間遅くなる方がずっと苦痛です。

そこで少し気が楽になったので、そこから近所の公園を散歩したりして時間を潰しました。9時に充電状況を確認すると、すでに97%を超えています。これだけあれば十分なので、車まで戻ると、4台も並んで待っています。Centralia とは違い、秩序正しく列になって待っているので、やはり私の待ち方が間違っていたのだと少し反省しました。

IMG_4595

充電ステーションから車を移動させて困ったのは、駐車するところが皆無だったことです。仕方がないので、先の散歩で見つけた、近所の住宅地に駐車させてもらうことにしました。米国の住宅地の道路は、ほとんどが地元の住人のために駐車可能になっているので、こんな時には便利です。

そこから先のスターバックスの隣の建設予定地まで戻りましたが、そこで悩んだのがトイレです。10時17分に始まる1分半の皆既日食が終わったら、すぐに出発し、休憩なしで Centralia まで3時間近く、走る必要があるので、日食の前にトイレに行っておく必要はありますが、なるたけギリギリの時間に行きたかったのです。

とはいえ、スタバのトイレの列は結構長いので、タイミングが大切です。そこであえてすぐには列に並ばず、ちょうど自分の番が10時少し前になるようなタイミングを狙って列に並ぶという手間をかけました。

首尾よく10時前にトイレを済ませ、建設予定地に戻り、用意しておいたタオルを敷いて準備をします。すでに日食は始まっており、(自称 ISO 認証済みの)日食サングラスを通して観た太陽は三日月型です。

それを iPhone で撮影しようとしても無理だったので、ホテルから持って来た紙に穴を開けた即席の「日食ビューアー」で撮影した日食が下の写真です。

IMG_1770

ちなみに、私がこれを撮影していると、「何をしているの」と近くにいた子供が尋ねて来たので、理屈を教えた上で、穴の空いた紙をあげるととても喜んでいたので、ついでにいくつか作って、他の子供達にも配ったりして時間を過ごしました。

「少し暗くなって来たかな」と感じたのは10時10分ぐらいです。しかし、その時点でも、まだ太陽を直視することは不可能です。

そこからは、今までに経験したことのない勢いで、空が暗くなって行きました。10時15分ぐらいに、近くに座っていた子供が「星だ!」と叫びました。見上げると、確かに星が一つ、輝いています。明るさからも位置からも、多分金星だと思います。

心持ち、風も冷たくなって来ます。暗さのため、駐車場の街灯が一斉につきます。

IMG_5696

それから、おもむろに皆既日食が始まりました。突如、それまで輝いていた太陽が、肉眼ではっきりと輪っかが見えるようになるので、すぐに分かります。周りからは、歓喜の声とため息が聞こえます。一気に暗くなるため、妙に心がざわつきます。夕暮れの寂しさが、一気に押し寄せて来たような感覚です。

その1分半は、私にはとても長く感じられました。皆既日食の感覚は実際に体験しないと分からないと言いますが、まさにその通りです。昔の人たちが、不吉な予感や神の力を感じたのも当然だと思います。

皆既日食の終わりには、輪っかの一点が輝くダイアモンドリングが一瞬見えます。しかし、それもすぐに眩しすぎる光に代わり、肉眼で観ることが不可能になります。

そこからすぐに撤退の開始です。一人身だし、荷物も少ないので、とても用意です。そこから隣の住宅地まで走り、すぐに車をスタートさせ、高速道路に向かいます。

他の車はまだ動き出していないので、渋滞は始まっていません。そこかしばらくは、Autopilot は使わず、制限速度を7〜8マイルほどオーバーさせながら帰路を急ぎます。途中、二度ほどスピード違反で捕まっている車を見かけてドキッとしますが、この程度ならば大丈夫なのが米国です。

そこから一気に Centralia まで走り、充電しなが昼食を食べ(充電ステーションは半分以上空いていました)、帰路を急ぎます。一度だけコーヒーを飲むために高速を降りましたが、結局、家についたのは午後3時。ほとんど渋滞もなく、とても快適な帰路でした。