BLOG

音声合成ソフトが描く、「自分の声」が成長する未来!?

2017年02月19日 16時33分 JST | 更新 2017年02月19日 16時33分 JST

2017-02-19-1487487099-9412072-c7a1709es.jpg

合成音声ソフト『ボイスター』

私は現在の講演活動において、テキストの読み上げに『ボイスター』という合成音声ソフトを使っています。これは、約2年前、まだ声が出た頃に、約1,000個の短文を読み上げた声を録音し、その音声データを元に私の声を再現する仕組みです。

ソフトにテキストを打ち込めば、どんな早口言葉でも合成して『私の声』で再生されます(笑)原稿を音声ファイルに変換して、講演時は『自分の声』で聞き手に語りかけています。

そんな『ボイスター』を製作頂いた「ヒューマンテクノシステム」の担当者と、先日お話する機会があり、さまざまな最新情報をいただきました。

1. 視線入力との連動

現在、「miyasuku」でのボイスターへの入力は、できるようになったとのことです。実験フェイズかもしれませんが、視線で操作できれば、ボイスターを末長く利用できる可能性が高まります。個人的には、是非「OriHime」と連動して欲しいです。

2. iOS対応

テスト版ですが、iPhoneやiPad版のボイスターのデモをやらせていただきます。私が自身で動かせるのは、iPadなので、iPadにボイスターが入れば、講演原稿のみならず普段使いできます。楽しみです!

3. ラジオ「ALSのたわごと」

札幌のコミュニティFM三角山放送局で、ALS患者さんがパーソナリティを務める番組があり、患者さんはボイスターを使っているそうです。先日のALSシンポジウムでこの話は伺いましたが、ここでもつながりました。ALSでもラジオできるんです。すごい!

ボイスターの担当者の方の話が、とても印象的だったので紹介します。

『ALSの進行によって、全身の機能は衰えていくかもしれない。でもボイスターを進化させることで、【自分の声】は進行に反して、育てること・成長させることができるのではと思う。』

ボイスターは決して安い商品ではありませんが、担当者の思いを改めて伺い、良い買い物をしたと思いました。これからもよろしくお願い致します。

株式会社まんまる笑店

代表取締役社長

恩田聖敬

onda0510@icloud.com(直通)

オフィシャルサイト

https://ondasatoshi.com

Facebook

https://www.facebook.com/onda0510

Twiter

https://twitter.com/onda_satoshi

ブログ

http://blog.livedoor.jp/onda0510/

恩田聖敬が社長を務める

株式会社まんまる笑店ホームページ

https://ondasatoshi.com/company/

(2017年2月17日「片道切符社長のその後の目的地は? ALSと共に生きる恩田聖敬のブログ」より転載)