Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

サイエンスポータル Headshot

スペインで電力系統安定化実証実験 東芝製蓄電池システム使い

投稿日: 更新:
印刷

蓄電池システムにより、電力需要が変動しても配電系統の安定化を可能にする新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の実証実験が、スペインのアルカラ・デ・エナレス市で始まった。

実証実験に使われる蓄電池システムは東芝製で、リチウムイオン二次電池を搭載した可搬式蓄電池システム(出力:500キロワット、容量:776キロワット時)。実証実験はスペインの電力会社「ガス・ナチュラル・フェノーサ」と共同で実施する。アルカラ・デ・エナレス市の変電所に可搬式蓄電池システムを設置し、変電所が供給する電力需要の変動を蓄電池システムの充放電によって平滑化することにより、配電系統の安定化効果を検証する。

NEDOは、2011年度から5年計画で、助成事業「安全・低コスト大規模蓄電システム技術開発」に取り組んでいる。これまで、国内数カ所、英国、米国でも蓄電システムの実証実験を実施している。スペインは再生可能エネルギー比率が30%を超えており、特に需要に合わせて電力を安定供給する系統構築のニーズが高い国となっている。

関連リンク
・新エネルギー・産業技術総合開発機構プレスリリース「スペインで蓄電池システムによる系統安定化の実証実験を開始-変電所に可搬式蓄電池システムを設置-

サイエンスポータルの過去の関連記事
・2015年9月15日ニュース「風力発電総設備容量293万キロワットに 世界全体の0.8%
・2015年9月4日ニュース「フライホイール蓄電試験施設完成 再生エネ安定導入の実証へ
・2015年8月18日ニュース「洋上風況マップ作成へ NEDO風力発電本格導入に向け
・2015年7月17日ニュース「2030年度原発20~22% 長期エネルギー需給見通し決定
・2015年6月29日オピニオン・平沼 光 氏・東京財団 研究員「エネルギーミックス構築に必要な視点
・2011年9月2日ニュース「北九州沖合で風力発電実証計画スタート

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2015/09/20150930_01.html

他のサイトの関連記事

スペインの電力系統安定化に高サイクル寿命の蓄電池システムが貢献

自然エネルギー:スペインに学ぶ「3条件」、再生エネの比率を5割以上に ...

RFID信号を電力に変換してセンシング バッテリーレス&ワイヤレスで計測領域が拡大!センサエキスポジャパン2015にて発表