BLOG

国内の温室効果ガス排出量、5年ぶりに減少 環境省が発表

2015年11月26日 22時34分 JST | 更新 2016年11月25日 19時12分 JST

環境省は26日、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの国内排出量は2014年度実績で13億6,500万トン(CO2 換算)だった、と発表した。前年度比3.0%の減少。排出量が減ったのは、09年度以来5年ぶり。数値は同日午前に開かれた政府の地球温暖化対策推進本部会合で報告された。

09年度は「リーマン・ショック」で経済活動が落ち込み、排出量が08年度の13億2,700万トンから12億5,000万トンに減った。しかし、その後は増加して13年度は14億800万トンだった。

環境省は、排出量が5年ぶりに減少した理由について「電力消費量の減少や再生可能エネルギー利用が進んだことにより、発電に伴うCO2排出量が減ったため」と説明している。日本の14年度の温室効果ガスのうちCO2 は約93%を占めている。

関連リンク

・環境省プレスリリース「2014年度(平成26年度)の温室効果ガス排出量(速報値)について

サイエンスポータルの過去の関連記事

・2015年11月4日レビュー「パリで人類未来に関わる重要会議 合意は予断許さないCOP21

・2015年10月21日ニュース「新目標でも気温上昇2度未満は困難 OECDが報告書

・2015年10月20日ニュース「COP21を控え最後の公式会合 議長案に途上国冒頭から反発

・2015年10月13日ニュース「環境省が温室効果ガス対策で有識者懇談会

・2015年7月21日ニュース「2030年温室効果ガス26%削減 国連への約束草案決定

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2015/11/20151126_02.html

2015-04-28-1430218364-9211717-about_local_heats_.jpg