BLOG

国際地学オリンピックで金1、銀1、銅2メダル獲得

2015年09月25日 00時40分 JST | 更新 2016年09月24日 18時12分 JST

ブラジルのポソス・デ・カルダスで20日まで開かれていた国際地学オリンピックで、日本代表の高校生4人全員が、金、銀、銅メダルを獲得した。

金メダルを得たのは、兵庫県・灘高校3年の辻 有恒(つじ ありつね)さん。他の3人も土井聖明(どい きよあき)さん(広島県・広島学院高校3年)が銀メダル、沖中陽幸(おきなか はるゆき)さん(広島学院高校3年)と、茂木隆伸(もぎ たかのぶ)さん(東京都・筑波大学附属駒場高校3年)が銅メダルを獲得した。

今年の国際地学オリンピックには、22カ国・地域の代表85人が参加、地学の理論と実技の試験に挑んだ。総得点に基づき、参加者の約10%に金、約20%に銀、約30%に銅メダルが贈られた。辻さんは、今年 8 月にロシアのトヴェリで開かれた国際地理オリンピックでも銅メダルを獲得している。

関連リンク

・NPO法人地学オリンピック日本委員会「大会報告

・文部科学省プレスリリース「国際地学オリンピック参加生徒の成績について



サイエンスポータルの過去の関連記事

・2015年8月25日ニュース「代表4人全員銀・銅メダル獲得 国際地理オリンピック

・2015年7月22日ニュース「代表4人全員メダル獲得 国際生物学オリンピック

・2015年7月22日ニュース「代表6人全員銀、銅メダル 国際数学オリンピック

・2015年7月13日ニュース「5人全員金、銀、銅メダル 国際物理オリンピック

・2014年9月30日ニュース「国際地学オリンピック 金3個、銅1個 全員メダル獲得

・2014年8月21日ニュース「国際地理オリンピック 日本人銀メダル獲得



http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2015/09/20150924_02.html