BLOG

STAP細胞再現できず ネイチャー誌論文掲載

2015年09月24日 23時16分 JST | 更新 2016年09月24日 18時12分 JST

4カ国7つのチームによる研究でもSTAP細胞は作製できなかったとする論文と論説記事を、英科学誌「ネイチャー」最新号が掲載した。

論説記事によると、7つの研究チームによるさまざまな条件下での133回に及ぶ再現実験でもSTAP細胞作製は失敗に終わった。STAP細胞の根拠の一つとされた蛍光の発光現象についても、細胞に自然に見られる自己蛍光という現象だった、としている。

掲載された論文は、STAP細胞研究の中心人物である小保方晴子(おぼかた はるこ)氏が属していた理化学研究所と、共著者であるバカンティ教授が所属する米ハーバード大学の研究者を含む研究チームによって、それぞれ書かれている。

理化学研究所の研究者たちによる論文は、STAP細胞とされた細胞が、同研究所内にあったES(胚性幹)細胞とみなされると結論づけている。

関連リンク

・Nature 23 September 2015 NEWS「Failed replications put STAP stem-cell claims to rest

・Nature525 (24 September 2015)「Failure to replicate the STAP cell phenomenon

・Nature525(24 September 2015)「STAP cells are derived from ES cells

サイエンスポータルの過去の関連記事

・2015年6月17日ニュース「科学技術白書が研究不正対応特集

・2015年3月23日ニュース「野依理研理事長が会見、STAPに区切り

・2015年2月9日レポート「研究不正の防止や対応の強化で議論百出

・2014年12月12日ニュース「『不正許さず』と学術会議と大学が声明

・2014年12月2日ニュース「研究倫理で『科学者の心得』暫定版公表

・2009年2月6日ハイライト・ニコラス・ステネック 氏・ミシガン大学 名誉教授、米研究公正局 顧問 「研究者の職業的責任感育成を

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2015/09/20150924_01.html