BLOG

息子が動き始めました

2013年07月23日 16時35分 JST | 更新 2013年09月21日 18時12分 JST

今回は、息子の話をしましょう。

以前にも書いたように、二歳半の私の息子はいろいろな障害を抱えています。ゼロ歳の時に起きた脳梗塞のせいで、右半身が不自由。気管を切開して人工呼吸器をつけているので話をすることもできません。当然、ハイハイもできません。お座りするだけでした。

でも、その息子が動き始めたのです。

ある日のこと、ここに座っている、と思っていた息子が、ちょっと目を離したら別の場所に座っていたのです。

あれ?私もモウロクしたかな?と思っていたら、突然、私の目の前で息子がひょこひょこと動き始めたではありませんか!おしりと、左手左脚を使って、お尻歩きを始めたのです。誰が教えたのでもありません。息子が自分の力で動き始めたのです。

それからはもう大変、日々あちこちにくるくると動き回っています。移動するということを覚えた息子は好奇心のかたまり。ごみ箱をあさったり、コンセントを抜いたり...。この間は動きすぎて階段から落ち、大泣きです。

それから、声を出すことも覚えたのです。切開しているのどのカニューレの管に指をあてて、「あー」と言えるようになりました。泣く時も、管をおさえて声を出して泣いています。

親ってよくばりで、一つできたらこれもあれも......、と思ってしまいがち。でも、私は決して焦っていません。ゆっくりの成長で良いと思っています。彼はほかの子供たちよりも、数倍スローな成長です。でも、逆にいえば、それだけ長い間、彼が成長していくのを楽しめるともいえます。

最近では、保育園にも通い始めました。重度の障害児のクラスに、呼吸器や酸素、吸引器などを持参して通っています。初日、夫が連れて行ったのですが、朝別れるときに大泣きするかと思いきや、ニコニコしながらバイバイ。拍子抜けしたそうです。

息子はほとんど人見知りをしません。生まれた時から多くの人が彼の成長にかかわっていますから、それをわかっているのだと思います。

お医者さんからもOKが出たので、今度は私の地元の岐阜に連れて行こうと思っています。近々、近場への海外出張も予定しているのですが、できたらそこにも連れて行ってあげたい。彼は確実な将来がわかりません。今は元気ですが、重度の障害児であることは変わりませんから、今のうちにできるだけいろいろなところに連れて行ってあげたいと思っています。