Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

セルフドクターニュース Headshot

実はアブラナ科、白菜の栄養価 ガン予防に最も効果的な「イソチオシアネート」が含まれる優秀野菜!

投稿日: 更新:
印刷

2014-11-11-1104ha.jpg

そろそろ鍋物が恋しくなる季節。鍋に欠かせない野菜の代表格に「白菜」がありますが、白菜の栄養って? 効能は?


■白菜の栄養価

白菜は、その約95%が水分。100gあたり14kcalと、野菜の中でもダントツに低カロリーです。

栄養成分としては、ビタミンC、カリウム、カルシウム、マグネシウム、食物繊維が含まれているほか、最近注目されているのは、「イソチオシアネート」という成分。アブラナ科の野菜に含まれるイソチオシアネートは、ガンを予防する作用があることが報告されています。白菜は、実はキャベツやブロッコリーと同じアブラナ科の野菜なのです。


■白菜の美容効果

白菜に含まれるビタミンCは、美肌に大切な栄養素で、風邪の予防にも効果的です。またカリウムは体内の余分なナトリウムを排出してくれ、高血圧の予防に効果が期待できます。


■乳がんに効果的!?

イソチオシアネートは、「疫学的研究などから現在最もがん予防効果が期待される食品成分」(岡山大学)とされていますが、がんになった人にも効果が期待できることが報告されています。

米国・バンダービルト大学のSarah J. Nechuta博士らが発表した研究では、アブラナ科の野菜をたくさん食べるほど、乳がん患者の生存期間が長かったとのこと。

研究チームでは、4886人の乳がん生存者を追跡調査。その結果、アブラナ科野菜が乳がんによる死亡率、再発と関係があることがわかったそうです。調査の結果、乳がん生存者の中で白菜、キャベツ、チンゲン菜、ブロッコリー、カリフラワーなど、アブラナ科野菜の一日の平均摂取量が多い生存者上位25%は、下位25%に比べて、乳がんによる死亡リスクが62%、乳がんの再発リスクが35%低いことが明らかになったとのこと。

この結果について、博士らは、アブラナ科の野菜の「イソチオシアネート」、「インドール」などといわれる植物化学物質が効果を発揮しているのではないかと見ており、今後さらに、それらの成分と乳がんの直接的な関係について研究を進めるとしています。


セルフドクターニュースについて
セルフドクターニュースは、「セルフドクターネット」から生まれたスピンオフコーナーです。いつまでも健やかで美しくいたいあなたのために、役に立つネタ情報を、毎日お届けします。

【人気記事ランキング】
東京人の睡眠時間は5時間44分、世界最短の「遅寝早起き」! 睡眠不足で引き起こされる健康への悪影響が多過ぎる
テレビをだらだら見ていると、死亡率が6割上がる!? 座りっぱなしによる健康への悪影響
ホット飲料を飲んでも体は温まらない!? 実は間違っていた「体を温める方法」
夜、1回でもトイレに行く人は「心臓からの危険信号」?  夜間頻尿で「隠れ心不全」4000万人
1日2分で77kg減! 「逆立ち」でダイエット、美肌、便秘解消、薄毛対策にも!?

セルフドクターニュースはFacebook ページでも情報発信しています

セルフドクターニュースはTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

ただ焼くだけなのにオシャレでおいしそうな「白菜のグリル焼き」が話題に

韓国の研究者、抗がん性が通常の4倍という「抗がん小白菜」開発=中国メディア

栄養価に5倍も差が!この冬「旬の野菜」を上手に取り入れるポイント