Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

セルフドクターニュース Headshot

実は朝より夜がオススメな食品 「納豆」「ヨーグルト」「グレープフルーツ」「バナナ」

投稿日: 更新:
印刷

2014-12-17-12152.jpg

朝食に食べがちだけど、実は夜に食べたほうが、美容・健康効果が期待できるものがあります。"なんとなく"の習慣で食べている朝食メニュー、もしかしたら見なおしてみてもいいかもしれません。


1)納豆

納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」という酵素は、血栓(血の固まり)を溶かす作用をもっていて、一度摂取するとその効果は約10~12時間続くため、血栓を原因とする病気に有効とされています。

血栓は、脳梗塞を引き起こす原因にもなります。そして、血栓ができやすい時間帯は、睡眠後6~8時間とされています。そこで、ナットウキナーゼが体内で有効に働く10~12時間を血栓が出来やすい時間に合わせるように、夕食に納豆を食べると良いと言われているのです。


2)ヨーグルト

腸の働きが最も活発になるのが夜の22時~2時。夕食後にヨーグルトを食べると、腸内環境の改善が期待できます。就寝の3時間前を目安に、冬はホットヨーグルトにして食べるのもオススメです。


3)バナナ

バナナに含まれるアルギニンには成長ホルモンを活性化させる効果が期待されています。成長ホルモンが活性化されると、老化防止や体脂肪の燃焼に効果的。就寝中は成長ホルモンが分泌されるタイミングなので、夜のバナナは美容にとても効果的です。


4)味噌汁

味噌には睡眠ホルモンのメラトニンを分泌させるアミノ酸が含まれています。夜の食事に汁物を加えると、満足感もアップ。お味噌汁を飲むことで、ダイエットにも快眠にもつながります。


5)グレープフルーツ

レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類には、紫外線を吸収させやすくする「ソラレン」という物質が含まれています。そのため、これらの食品を食べた後に外出し、紫外線を浴びると、シミの原因になってしまう可能性が高くなります。


食べ物は、食べるタイミングも大切なのですね!


セルフドクターニュースについて
セルフドクターニュースは、「セルフドクターネット」から生まれたスピンオフコーナーです。いつまでも健やかで美しくいたいあなたのために、役に立つネタ情報を、毎日お届けします。

【人気記事ランキング】
桐谷美玲さん、米倉涼子さん、嵐・松本潤さんも! 芸能人たちがこぞって実践する「白湯(さゆ)」健康法とは
ローラさん、藤原紀香さんも注目! スーパーフード「チアシード」とは
豆乳を飲み過ぎた中国人男性、胸がCカップに成長!台湾では乳がんにも! 豆乳の健康効果と注意点、1日あたり適切な摂取量は?
体調を悪くする、まさかの毎日の習慣4つ 「食器洗いにスポンジを使う」等
「1日1個のりんごで医者要らず」は本当! りんごを積極的に食べるべき7つの理由

セルフドクターニュースはFacebook ページでも情報発信しています

セルフドクターニュースはTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

寝ている間もダイエット!夜摂るべきおすすめ食材 [食事ダイエット] All ...

朝食の定番のあの食品、夜食べる方が美容には効果的だった!?[1/2 ...

美味しく痩せる夜ヨーグルトダイエットの効果と方法まとめ|MERY [メリー]

アイスやチョコ…睡眠の質が悪化する「夜に避けるべき食べ物」4つ ...

どうしても夜食を食べたくなったらどうすればいい? 夜中に食べても ...