Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

セルフドクターニュース Headshot

今から運動を! 「40代で体力がない人は、60歳になったときに脳の機能低下が加速する」との研究結果

投稿日: 更新:
印刷

2015-03-26-1427369458-9751111-03242.jpg

ボストン大学が、米国心臓学会が開催した会議で、40代で体力がない人は、60歳になったとき、脳の老化が早い場合があることを発表し、多くの人が高齢になるまで"脳の健康"について無自覚でいるものの、中年期のライフスタイルが、後々に脳の老化に影響を及ぼす可能性があることを指摘しています。

研究では、米国で1970年代からおこなわれている、心血管系疾患リスクに関する研究「フラミンガム第二世代研究」に参加した1,271人を対象に調査したとのこと。この参加者たちの平均年齢は、調査開始時点で41歳。いずれも心臓病や認知症は発症しておらず、心拍数に影響する薬も服用していませんでした。彼らにウォーキングマシンで運動をしてもらい、その後血圧と脈拍数を計測したデータと、1999年に平均年齢が60歳になっていたときにMRIを行った結果を分析したところ、最初のデータで、運動後に心拍数と最低血圧が大幅に上昇していた「体力のない」人たちは、体力のある人たちに比べて、脳の容積が減少していることが明らかになったそうです。

さらに、最初の計測で「体力がない」とされた人たちは、記憶力や判断力を測る認知機能テストの成績も芳しくなかったとのこと。研究をおこなったニコール・L・スパルターノ氏は、

「脳内にある細い血管は、血圧の変化に弱く、変動によって損傷を受けやすい」

ことから、

「脳内の血管の損傷は、脳の構造的な変化および認知能力の低下に影響する」

としています。

この研究結果から、スパルターノ氏は、脳の健康のためには、若い頃からの運動が大切と結論づけています。運動をすると、一気に血圧や脈拍が上がるという人は要注意。ただし運動を習慣として継続していれば、血圧値と脈拍数は上昇しにくくなるそうです。

運動を始めるのに、遅いということはありません。頭も体も健康でいるために、今から少しずつ「継続した運動」を心がけたいものです。

セルフドクターニュースについて
セルフドクターニュースは、「セルフドクターネット」から生まれたスピンオフコーナーです。いつまでも健やかで美しくいたいあなたのために、役に立つネタ情報を、毎日お届けします。

【人気記事ランキング】
「春うつ」「春バテ」に注意! 症状がさらに悪化する「負のサイクル」が起こる仕組みは
元気な肝臓でいるための秘訣! 「毎日鮭フレーク」「飲む前には卵かけご飯」
「早起き」すれば良いってワケじゃない! 早起きが苦手な人が生産的に仕事をするヒント
今から運動を! 「40代で体力がない人は、60歳になったときに脳の機能低下が加速する」との研究結果
朝?昼?夜? 「運動するのに最適な時間」を見つける方法

セルフドクターニュースはFacebook ページでも情報発信しています

セルフドクターニュースはTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

中年期の心の健康 - 京都府

新・真健康論:老化で筋肉痩せ、中年太りに=當瀬規嗣 - 毎日新聞

減塩は本当に健康にいいか