BLOG

一度"垂れ"ても戻せる! 何歳からでも美尻になれる「ブルガリアンスクワット ハイパー」のポイントとやり方

2014年11月26日 01時10分 JST | 更新 2015年01月25日 19時12分 JST

2014-11-25-1122o.jpg

「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)11月19日放送分で、「たった5分で美しい体を作る世界の筋トレ」が紹介されていました。

番組に登場したのは、運動生理学評論家の谷本道哉さん。谷本さんいわく、40~50代になっても筋トレをすることでキレイな身体作りは可能。筋肉は正しく負荷をかけて行えば短時間で効率的に発達するもの。谷本さん自身、トレーニング時間は1日20分×週3~4回程度なのだそう。

「正しい負荷」は、「10回で限界になる」程度。これがもっとも効果的とのこと。"これで美尻になれる!!"という「ブルガリアンスクワット ハイパー」のポイントと方法は、以下のとおり。

■美尻のポイント

・お尻の筋肉がしっかりつくと、脂肪が上に引っ張られ、年齢を重ねても垂れない。

・お尻の上側の筋肉をつけることが大切。

・垂れたお尻も、"戻せ"る。

通常のスクワットでは、お尻の下側のほうの筋肉を鍛えていることになるため、"谷本流スクワット"では、「片足で」スクワットをおこなうことがポイント。

【谷本流ブルガリアンスクワット ハイパー】

まずまっすぐ立ち、後ろに椅子を用意しておく。

1. 右足を後ろにひき、椅子の上にのせて、前傾しながらしゃがむ。

2. そのままの状態で、両腕を広げて上半身をひねる。右腕が床につくくらいひねって、お尻の横の筋肉を伸ばすことがポイント。

3. 腕を戻して開いたまま上体を起こし立ち上がる。

ぐらつく場合は前に椅子を置き、手をついて行ってもOK。10回×2セットを週2~3回行うと効果的だそうです。

セルフドクターニュースについて
セルフドクターニュースは、「セルフドクターネット」から生まれたスピンオフコーナーです。いつまでも健やかで美しくいたいあなたのために、役に立つネタ情報を、毎日お届けします。

【人気記事ランキング】
夜、1回でもトイレに行く人は「心臓からの危険信号」?  夜間頻尿で「隠れ心不全」4000万人
「疲れが抜けない...」と思ったら、気をつけるべき7つのポイント
「二度寝」をしたほうがストレスを感じにくい体になる!? 「二度寝」の種類とその効果
「1日1個のりんごで医者要らず」は本当! りんごを積極的に食べるべき7つの理由
体調を悪くする、まさかの毎日の習慣4つ 「食器洗いにスポンジを使う」等

セルフドクターニュースはFacebook ページでも情報発信しています

セルフドクターニュースはTwitterでも情報発信しています