Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

セルフドクターニュース Headshot

イカのダイエット効果が凄い! 脂肪を排出する「タウリン」豊富、効果倍増の食べ方は

投稿日: 更新:
印刷

2014-10-14-1010a.jpg

年中流通するイカですが、日本人がもっともよく食べるスルメイカは、秋にもっとも美味しくなる旬を迎えます。栄養成分で注目すべきはタウリン。タウリンを多く含む代表的な食材は、イカのほか、タコ、サザエ、カキ、あさりといった魚介類や、マグロなどの血合い部分などが挙げられますが、スルメイカは大きめのイカ1杯(食べるところは300g)で264kcalと低カロリー。またタンパク質54.3g、脂質3.6gと、低脂肪・高タンパク質で、ダイエット向きの食材です。

■タウリンのはたらき

タウリンは、コレステロールの代謝を促し、血液をさらさらにしてくれる効果があるといわれています。また心臓や肝臓の機能を高める、視力の回復、インスリン分泌促進、高血圧の予防など、さまざまな効果があると言われています。人の体内でもタウリンは生成されていますが、絶対量が少ないため、食品から摂取することが必要です。

■タウリンがダイエットに効果的といわれる理由

ダイエットのカギは、実は肝臓。肝臓は栄養素を分解して必要なときに使えるように蓄える役割を担っていますが、糖分や脂質を摂りすぎてしまうと、肝臓に「脂肪」として蓄えられ、この状態が「脂肪肝」。タウリンを含む食品を摂取すると胆汁・胆汁酸の分泌が増え、肝臓内の中性脂肪を取り除き、さらに肝臓から脂肪を排出されることが期待できるというわけです。

■効果的な摂取方法は「カレー味」

ちなみに、浜松医科大学名誉教授で医学博士の高田明和氏によると、「タウリンを肝臓まで運ぶ味付けは、カレー味がよい」とのこと。カレーの香辛料であるターメリックに含まれる「クルクミン」も胆汁の分泌を促し、肝機能を強化する働きがあるため、効果倍増ということですね。

なお、イカはコレステロール値が高いといわれることがありますが、コレステロール値を下げる成分も含まれているため、あまり気にしなくて良いようです。ダイエットには「イカカレー」、いかがですか?


セルフドクターニュースについて
セルフドクターニュースは、「セルフドクターネット」から生まれたスピンオフコーナーです。いつまでも健やかで美しくいたいあなたのために、役に立つネタ情報を、毎日お届けします。

【人気記事ランキング】
・「そば」と「うどん」 実はうどんの方が低カロリー! ダイエット中に食べるなら?
・「血液を抜くと、老廃物も出すことができる」は本当か? 献血ルームで聞いてみた
・リップクリーム、「なじませちゃダメ」って知ってた? 種類と選び方、「塗り方」のポイント
・牛丼、天丼、カツ丼、親子丼 カロリーが最も低い意外な丼と、ダイエットにオススメの丼は
・美人が食べているのはどちら? ハチミツとメープルシロップのカロリー・栄養・効能比較

セルフドクターニュースはFacebook ページでも情報発信しています

セルフドクターニュースはTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

高タンパク低カロリー 理想のおつまみ「イカ」 ~健康の診断サイト カラダカラ

ビールの前に肝機能強化!カレと食べたい「おしゃれなイカ料理」レシピ

毒素が溜まっていませんか? 老廃物を排出する大事な部分

イカの栄養特性 - 全国いか釣り漁業協会

スレンダー女子が選ぶ「ピザの種類」5選