Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

セルフドクターニュース Headshot

「疲れが抜けない」という人はチェック! 気がつかないうちにエネルギーを無駄に消耗している6つの行動

投稿日: 更新:
印刷

2015-05-28-1432806228-3278151-05192.jpg

寝ているのに、なんだか疲れが抜けない...。という人は、もしかすると生活のなかで知らず知らずのうちに疲れを溜めているのかも。生活習慣を変えることで、疲れを感じづらい生活をすることが可能になります。「prevention.com」で紹介されている、使わなくてもよいエネルギーを無駄に使ってしまっている行動を6つお伝えします。

1:SNSやニュースをチェックし過ぎる

やらなければいけないことのリストからは逃れることは出来ません。ツイッターをよく見る、常にニュースをチェックする傾向があるとしたら、それはあなたを疲れさせている可能性があります。女性は男性よりも、悲しいニュース、ネガティブなニュースなどを記憶し、ストレスに感じやすい傾向があります。1日にニュースをチェックするのは1回、なるべくハッピーなニュースを見る、など自分なりにニュースを見るルールを作ってみましょう。

2:ランチをデスクで食べる

きちんと昼休みをとってランチを食べるほうが、疲れやストレスを感じにくくなります。20分でよいので、外に出てみましょう。ワークアウトや、誰かと話したりするよりも、リフレッシュできるかもしれません。

3:前のめりに座っている

姿勢を正しくして椅子に座ることは、体のゆがみを減らすだけではなく、脳にも好影響を与えるそうです。正しい姿勢で、座る、また立つことによってポジティブな考えが生まれることでしょう。

4:書類の山に埋もれている

書類が机の上に山積みになっていたら、エネルギーが乱れる環境で仕事をしているといえます。そのような環境では、集中力が下がってしまいます。落ち着いて、やるべきことを整理してから取り組んでみましょう。

5:エネルギーが出る食事をしていない

ナッツ、マグロ、豆などの食材にはマグネシウムやミネラルが多く含まれており、エネルギーを増やしてくれます。あまり食べていなければ、体も、心も疲労を感じていることでしょう。

6:炭水化物を減らしている

炭水化物を減らすダイエットは有名ですが、エネルギーチャージが十分にできる食事ではありません。体、脳を動かすには炭水化物が必要です。炭水化物を十分にとっている人と、そうでない人では、仕事の能率に差がでます。体重増加がどうしても気になるという人は、さつまいもや全粒粉のパン、フルーツなど、自然の食べ物から摂取するようにしましょう。

少し、生活習慣を変えることで、体や精神面に与えられる影響も変えることができそうです。疲れる、仕事が捗らない、ストレスが溜まる、疲れる、というループから外れるためにも、行動を起こしてみてください。きっとよい変化が訪れるでしょう。

セルフドクターニュースについて
セルフドクターニュースは、「セルフドクターネット」から生まれたスピンオフコーナーです。いつまでも健やかで美しくいたいあなたのために、役に立つネタ情報を、毎日お届けします。

【人気記事ランキング】
2日目のカレーに要注意! "寝かせたカレー"で食中毒になる可能性も......対策は?
歯磨き後、口を何度もゆすぐのはNG!? 実は体にNGだった毎日の習慣3つ
停滞期を脱出! ビビる大木さんが2か月で約14キロの減量に成功した、あえて食べまくる「爆発ダイエット」って?
天気が悪くなると古傷が痛む・持病が悪化する「天気痛」 原因は「耳」!乗り物酔いが効果的
梅雨シーズンは「むくみ」やすい! その理由と対策は

セルフドクターニュースはFacebook ページでも情報発信しています

セルフドクターニュースはTwitterでも情報発信しています

Also on HuffPost:

Close
寝る前に準備すると、朝のストレスをなくせる行動8選
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

他のサイトの関連記事

女子大生悩む!「気を遣い過ぎて疲れます」

避難島民「早く帰りたい」=一夜明け、疲れた表情-長期化に不安も・屋久島