BLOG

臨時国会開会など

2013年10月19日 14時32分 JST | 更新 2013年12月18日 19時12分 JST

石破茂です。

臨時国会が開会し、今週の衆・参両院における総理の所信表明と代表質問に引き続いて、来週は予算委員会が開催されます。

私は月曜日の九時から、約一時間半質疑に立つ予定となっており、今週末はその準備をしなくてはなりません。野党の政調会長であった時も、予算委員会のトップバッターを務める機会が多かったのですが、与党幹事長になっても同じようなことが続きます。

 

野党時代は、とにかく徹底的に追及し自党の主張を述べる、という役割に徹すればそれでよかったので、今から考えると質問は比較的容易であったように思います。

勿論単なる追及ではなく、「では自民党ならどうするのか」に力点を置いたつもりではありますが、政府とのコンビネーションに全く気を遣う必要はありませんでした。

与党質問はそうはいきません。一時間半をどう組み立てるか、準備にあたっては野党時代の倍以上の時間と労力を要します。「政府を立てつつ」「政府の言いたいことをうまく引き出し」「さりとて単なるヨイショ質問ではなく」「見ている人に『なあんだ、つまらない』という印象を与えない」というのは実に難しいものです。

鴨下一郎衆議院国会対策委員長が体調不良のため辞任、後任には佐藤勉委員長代理が就かれることとなりました。

週刊誌はあれこれ勝手な憶測記事を書いていますが、国対委員長の職務は実に激務で、精神的にも大きなストレスがかかっていたのだろうなと、ご負担をお掛けしたことを申し訳なく思っております。

国会議員の多くは、朝は七時から夜は十時、十一時まで、土日も休日もほとんど無く働いております。

幹事長もどこかで休まないと本当に倒れるよ、と心配してくれていたのが、医師でもある鴨下委員長だったのですが。

幸い、しばらく静養された後は全面的に復帰される由、一日も早いご全快を祈り、復帰を心よりお待ちいたしております。

週末19日土曜日は終日大分県で、民主党系現職との対決型である由布市長選の街頭演説三か所、地域活性化本部の政策説明会、岩屋代議士の政策フォーラムでの講演と続きます。

20日日曜日は時事放談(TBS系列、午前六時・収録)、日曜討論(NHK・生出演・午前九時)の後に地元鳥取での自民党政経文化パーティに出席し、帰京の予定です。

異常気象がなお続きます。

今回の台風で被災された方々にお見舞いを申し上げますとともに、皆様のご健勝を祈ります。

(※この記事は2013年10月18日の「石破茂ブログ」より転載しました)