BLOG

新年ご挨拶

2014年01月11日 15時10分 JST | 更新 2014年03月12日 18時12分 JST

石破茂です。

 

新年明けましておめでとうございます。

 

旧年中は大変なお世話様になり、誠に有り難うございました。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

年末年始はテレビ出演や東京都知事選挙、名護市長選挙への対応などで結局相当に慌ただしく過ごすことになってしまいました。あの本も、この本も読みたいと相当に張り切ってオフィスから何冊も持ち帰ってはみたものの、靖国神社関係の書籍を数冊読んだだけで終わってしまいました。この傾向は学生時代の休み前と全く一緒で、人間進歩の無いものだと思わされます。

昨年末、靖国関係の本を何冊がご紹介いたしましたが、もしお読みになった方があればご感想をお聞かせいただければと存じます。このテーマはおそらく戦後日本を考えるにあたって最も大きく深いテーマのひとつと考えます。

 

どのような立場をとるにせよ、反対の立場の見解にもよく目を通し、意見が異なるのであれば論理的に対応できるようでありたいと心掛けております。

これは選挙の候補者選考にあたっても全く同じです。

 

我が自民党は組織政党であり、いかなる選挙であれ候補者への対応を決定するに当たっては党内の様々な見解を聞き、総裁のご決断のもとで決定を致します。一部の者が独断するようなことがあれば、それはもはや組織政党ではありません。

 

本日、自民党東京都連が桝添要一氏を推薦する決定を行い、党本部に上申を致しました。

 

都知事選挙に限らず、選挙の候補者たらんとする者に対して我が党が決定します際には、伝聞風評によることなく根拠を正確に検証した上で判断致します。有権者の審判に足るだけの材料を提供することは、政党としての当然の義務であると心得ます。

忙中閑あり、というわけでもないのですが、本日某雑誌の「伊400型潜水艦」についての取材を短時間お受けいたしました。

 

兵器はその国のその当時の考え方を如実に表します。大和型戦艦と零式戦闘機はあまりにも有名ですが、潜水空母とも呼ばれた伊400型潜水艦にもそれを見ることが出来ます。

 

戦略兵器として構想されながら、最後は特攻兵器としての運用がなされ、何一つ戦果を挙げないままに終わったこの潜水艦からは、多くのことを学ばされます。

この冬一番の寒さの週末となりそうです。私は地元と東京でいくつかの行事をこなす予定です。

 

お元気でお過ごしくださいませ。

(2014年1月10日の「石破茂ブログ」より転載)

伊400型潜水艦 写真集

2013年 画像でみる政治ニュース