BLOG

インターネット上のコンテンツは無料か有料か?

2014年07月04日 18時49分 JST | 更新 2014年09月02日 18時12分 JST

ある映画会社が「試写会」の参加希望を一般の方にハガキで応募してもらって、その回の時だけ試しに、ハガキに「御中」と書いている人達だけを「当選」にしたらしいんですね。

そしたら、その時の試写会の雰囲気がすごく良かったという有名な話があります。

まあたぶんそうなるのは想像つきますよね。

        ※

僕は渋谷で、bar bossaというお店を経営しています。

お客さまが来店するのに、みなさん「友達から聞いた」とか「食べログ」とか「雑誌」とか様々な情報源があると思うのですが、「cakes読んで来ました」というお客様が何故か、みなさん本当に良いお客様なんです。

cakesってもちろん「有料」なんです。インターネットのコンテンツって「無料」が常識ですよね。それなのにお金を払うって相当ハードルが高いと思うんです。

たった150円なのですが、クレジット・カードを財布から取りだして、会員になるってそれなりのことだと思うんです。

でも、それをするってことは「色んな意味で意識の高い人」なのかなあって思うんです。

                      ※

そのこととはちょっと話はずれるのですが、先日、ドワンゴの川上量生さんがインタビューでこんなことを言ってました。

「ネガティブな反応を示すのも、無料の利用者の特徴です。有料の利用者はそうはならない。なぜかといえば、お金を払った自分を否定することにつながるからですね(笑)。」

これ、ニコニコ動画の有料会員はネガティブな反応をしなくて、無料の利用者はネガティブな反応をするという話なんです。

この話、僕もずっとそう感じていたんです。

この僕のハフィントン・ポストの投稿に対して、もちろんほとんどの方が誠実に建設的な良い反応なのですが、ごくたまに「あれれ?」って感じのネガティブな反応があるんです。

そしてcakesなんですけど、「今だけ無料」っていう限定の無料期間があるんですね。その時って、ごくたまにネガティブな意見が紛れ込むんです。

                      ※

これまた少し話は、ずれるのですが、「バーのことを知りたいからタダでも良いから雇ってくれ」って言われても、絶対にタダでは雇ってはいけないって話があります。

あと、すごく親しい友人や親類が来ても、絶対に「タダ」にだけはしてはいけない、原価分だけでもお金を貰わなければいけない、という話もあります。

これもわかりますよね。

お金が介在しないと「雇い主と雇われ側」、「お客さまと店の人間」という役割の緊張感がなくなってしまうんです。

                      ※

インターネット上のコンテンツ、ネガティブな意見に悩まされている人や会社ってすごく多いと思います。

これからは「受け取る側」と「表現する側」の関係を「正常な関係」にするためにも、「お金を介在させること」というのを少しづつ考えなくてはいけないのでは、と思います。