BLOG

化粧をしないことは、本当に「マナー違反」なんだろうか

2017年08月16日 23時56分 JST

化粧は女にとって「必須」の身だしなみ?

f:id:amamiya9901:20170815205928j:plain

「化粧は女の身だしなみ」と言われます。化粧をしないことはマナー違反であり、女なら化粧をして当然だ。かなりの割合の人、特に40代以降の方はそう思っているんじゃないでしょうか。

ですが、「化粧をしていない姿」は素顔です。素顔でいることがマナー違反になるなんて、おかしいと思いませんか?

わたしは学生時代、何軒か居酒屋でバイトしていました。どの飲食店でも、「すっぴんの女はドリンカー(キッチン内にあるドリンクを作る場所)か洗い場で働く」ことがルールとなっていました。

つまり、「すっぴんの女は客前に出るな」ということです。

結婚式場でのバイトに至っては、化粧をしてないと退勤を押され、化粧してもう一度出勤しなくてはなりませんでした。

化粧を「仕事に必須」としているにも関わらず、当然のことながら、化粧する時間は労働時間に入りません。

わたしは、「女は化粧して当然」という風潮に、強い疑問を抱いています。女が素顔でいることは、そんなに悪いことなんでしょうか?

たしかに、化粧をすると多少なりとも「かわいく」なります。素材勝負の男性に比べて、「女性は恵まれている」と言えなくないでしょう。

それでもわたしは、化粧していないありのままの自分の素顔が好きです。そして化粧は単純に時間がかかるので、1時間もかけて身支度するなら本でも読んでいたい、というのが本音です。

化粧というのは、そもそも「贅沢」なんです。時間とお金に余裕がある人が、美を追求する。それが化粧です。

それなのに、朝早起きして身支度整えても「女だから当然」と言われます。逆に、化粧をしていない=手抜き、女を捨てている、なんて風に見られてしまいます。

素顔でいることで「女を捨てている」と思われるのであれば、わたしは喜んで女なんて捨ててやります。

「男がヒゲを剃るのも身だしなみなんだから、女性も化粧するのが当然」と言う方がいますが、わたしはなにも、身だしなみがどうでもいいとは思っていません。

顔を洗って、眉を整えて、髪を束ねる。それは外見によって相手を不快にさせないという「マナー」で、当然男女関係なく心がけるべきです。

ただ、「なぜ化粧が身だしなみなのか」について説明できる人はほとんどいません。理由はかんたんで、「そもそも化粧が身だしなみっていうのはただの思い込みだから」です。

化粧はあくまで、「したい人だけがするプラスアルファ」のはずです。

「素顔でいること=身だしなみがなっていない!」という因果関係が成立する根拠はなんなのでしょう。

「化粧しない」選択肢を奪っているくせに

2016年9月に、東急電鉄は「電車での化粧はみっともない」とした、マナー向上の広告を打ち出しました。

それには賛否両論ありましたが、主に賛成派が多く、「粉が飛ぶ」「不愉快」「家でやれ」「羞恥心がないのか」という意見が散見されました。

一方、「鉄道会社にとやかく言われたくない」からはじまり、「女性抑圧だ」といった論争にまで発展しました。

胸を張って言えることではありませんが、わたしは何度か、電車で化粧したことがあります。

バイト先から「欠員が出たから急いで出勤してくれ」と言われ、何度か電車で化粧をしました。そうじゃないと、キッチンでしか働けなくなりますから。

あと、通学中ということもありました。大学まで片道2時間かかり、1限の授業があるときはラッシュ時を避けるため、朝6時にはすでに電車のなか。

居酒屋でのバイトの翌日は化粧せずにギリギリまで寝て、すっぴんで大学に行っていました。

そんなとき、とある男の先輩から「お前すっぴんなの?女として終わってるよ」と言われました。たしかに、その場ですっぴんだった女子はわたしだけでした。

だからわたしは、「すっぴんは恥ずかしいことなんだ」と思い、毎週月曜日は通学電車のなかで化粧するしかありませんでした。

(少ししてバカらしくなったのでやめましたが)

こういった状況を訴えても、「言い訳だ」「もっと早く起きればいい」と思う人はいるでしょう。

でも、そういう人に聞きたい。

「だったら、なぜすっぴんを許してくれないの?」

すっぴんで働くことを許してくれたら、化粧しないことで嫌味を言ってくる人がいなければ、電車で化粧なんてしません。

疲れきっていてあと30分寝ていたいと思っても、化粧するために起きなくてはいけないんですか? それはなぜですか?

「化粧なんてしなくてもいいよ」と言える社会

たしかに、「化粧している女の姿を見たくない」という人もいるでしょう。ですが、それならなぜ、「忙しいんだね。化粧なんてしなくてもいいんだよ」と言ってくれないんでしょう。

「化粧せずとも身なりを清潔にしていればそれでいい」。そう言ってくれる人が多ければ、電車で化粧なんてしなくて済みますし、堂々と素顔で生きていける女性が増えるはずなのに。

化粧というのは、そもそもとても面倒な作業です。

前日残業した後飲み会に行き、終電で帰宅。朝起きて、顔を洗って、朝ごはんを食べて、着替える。そのあと化粧水、乳液、化粧下地塗って、リキッドファンデーションのあとパウダーではたいて、眉毛をブラッシングした後にアイブロウして、場合によってはまつげマスカラもして、チークをして、アイラインを引いて、アイシャドウを何色か重ね付けして、ビューラーでまつ毛を上げてマスカラ、口紅を引いてフィニッシュ。

プロセスにどれだけこだわるかは個人差がありますが、ざっくり書けば、化粧にはこれくらいの作業数があります。人によってはもっと多い場合もあります。

これを「面倒」だと思い、「省略したい」と思うことは、女として「終わってる」んでしょうか。

すっぴんでいることは、そんなに悪いことでしょうか。

ちゃんと髪を整えていても、すっぴんでいる限り「身だしなみがなっていない」のでしょうか。

そんなことを言うなら、「化粧しない男性はマナー違反であり身だしなみに気を遣ってない!」ということになってしまいます。

「男なのに化粧しろと言うのか?」と違和感を感じるのであれば、「女だから化粧すべきだ」に対する違和感も、理解していただきたいです。

現代の女性は仕事や家事、育児に追われて忙しい人が増えているという現状も踏まえても、「化粧は女の身だしなみ」という考えは早く廃れるべきですし、すっぴんで堂々と仕事ができる風潮になってほしいと思います。

▼おススメ関連記事

「未熟な女=かわいい」の社会では、成熟した女は活躍できない

恋愛工学はだれも救わない。恋愛の経験値に価値はない

▼元記事

化粧をしないことは、本当に「マナー違反」なんだろうか

▼筆者ブログ

雨宮の迷走ニュース

ladiesbeopen

ハフポスト日本版では、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。

女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。

みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen#もっと話そうカラダのこと も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp