BLOG

ALS公表後初のホーム開幕戦、FC岐阜・恩田社長のコメント

2015年03月15日 23時40分 JST | 更新 2015年05月15日 18時12分 JST

FC岐阜はJ2第2節の15日、ホームの長良川競技場(岐阜市)で讃岐に1―0で勝ち、今季初勝利。前半10分のFW難波選手のゴールで得点、その後は押し込まれるなど苦しい試合展開でしたが最後まで守りきり、勝ち点3をあげました。

ホーム開幕戦での勝利を受けて、恩田聖敬社長(36)に初戦を振り返ってもらいました。

IMG_2568

―初戦の感想は

結果が出てホッとしているというのが、正直なところです。

今日は何より勝つことが大事な試合だったので、選手はそれをよく理解してくれて、すごいプレッシャーの中でがんばってくれたと思います。去年はこういう試合で、最後に同点にされるなどという展開もあり、ファンの皆さんをがっかりさせることもあったけれども、今日は、しんどい時間帯もありましたが、完封して勝ったということは本当に良かったし、意味あることだと思います。

IMG_2586
試合後にスタジアム出口にてサポーターと勝利のハイタッチを行う恩田社長。
周りに多くの報道陣が詰めかけ、ALS発症公表を受け注目の高さを伺わせた。

―ALS発症を公表をしてのホーム開幕戦だが

変に私個人に注目が集まるのは本意ではない部分もありますが、「恩田さんを応援してます、一緒に戦いましょう」と言ってくださるサポーターがたくさんおいでになりました。「一緒に戦う」ということは、私個人を、ということだけでなくて、一緒にチームを応援して、そして岐阜県をひとつにしていく、元気にしていくってことだと思います。

私の病気を通じて、FC岐阜をより応援いただけることもありがたいことだし、そしてこれから一緒に岐阜を元気に盛り上げていきましょう。

秋元祥治・公式ブログ http://akimotoshoji.blog.jp より