おときた駿
おときた駿さんの最新投稿情報を受け取る
 
1983年、東京都北区生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、地方議員トップブロガーとして活動中。

・TwitterID:@otokita
・facebook:https://www.facebook.com/otokitashun

おときた駿さんによる記事一覧

小池百合子候補の「コミケ応援宣言」、その真意は?表現の自由について直接聞いてきた

(0) コメント | 投稿日 2016年07月19日 | 12時43分

小池百合子氏による突然の「コミケ応援宣言」に、「表現規制派じゃなかったのか?」「ヲタク票を見込んでの突然の転身?」等など、様々な意見が飛び交っています。

記事を見る

小池百合子氏が見据えるのは、「都議会のドン」の先にある森喜朗氏とその利権構造では?

(6) コメント | 投稿日 2016年07月12日 | 09時21分

自民党からの推薦を得るため(増田寛也氏を降ろすため)のチキン・レースを仕掛けていると見る向きもありましたが、どうやらルビコン川を渡られたようです。

記事を見る

民主主義における選挙は、「とりあえずの結論」にすぎない

(0) コメント | 投稿日 2016年07月11日 | 14時36分

民主主義は選挙の結果で死んだり生き返ったりするものではなく、ただそこに結果とともにあるものです。

記事を見る

小池百合子氏の爆弾発言、都議会「冒頭解散」の真意は?そんなことって実際に可能なの??

(0) コメント | 投稿日 2016年07月07日 | 10時13分

小池百合子氏が自民党都連の推薦を得ないまま出馬表明に踏み切ったわけですが、そこで掲げた公約(宣言?)が予想外過ぎてぶっ飛びました。

記事を見る

もしも私が、都知事選挙に立候補するなら...。公約は「東京をタテに伸ばす」容積率緩和による成長戦略だ

(0) コメント | 投稿日 2016年07月06日 | 09時32分

待機児童や待機老人解消の切り札ともなる容積率緩和。政策の一つとして、「東京をタテに伸ばす」ことを公約に入れてくれる候補者が出てくることを期待します。

記事を見る

自ら「政治家になる」決断をしたのなら、他人のせいで逃げることは許されない

(0) コメント | 投稿日 2016年07月05日 | 12時24分

忙しくても政策アンケートから逃げちゃダメだし、逃げるような候補を当選させるのもダメだと思います。

記事を見る

議員・政治家の「海外視察は無駄なのか」問題に決着をつけよう。議員視察が必要な3つの理由

(0) コメント | 投稿日 2016年06月28日 | 10時29分

そもそも地方議会に限らず国会でも、議員の外遊・海外視察というものに対しては「税金の無駄遣いではないか?」「それって本当に意味あるの?」という議論は絶えません。

記事を見る

失われつつある「政治家」そのものへの信頼...英国の「EU離脱」国民投票結果は、民主主義国家が直面する岐路である

(1) コメント | 投稿日 2016年06月27日 | 10時16分

民意で選ばれた代表者であるはずの政治家たちの意思を、同じく民意である直接投票の結果が真っ向から否定してしまった。

記事を見る

都議会議員たちのリオ五輪視察は、やっぱり遊びだったことが判明。「批判されたし、選挙が怖いので行くのやめます!」

(1) コメント | 投稿日 2016年06月25日 | 10時02分

批判を浴びたからいきなり「ゼロ」にするって、一体どういうことでしょうか?

記事を見る

舛添知事をぶっ叩いた都議会議員たちが、大挙してリオ五輪に視察に行くのは許されない

(3) コメント | 投稿日 2016年06月21日 | 09時04分

「国会以上に保守的な伏魔殿」と呼ばれる東京都議会。この流れで厳しい世論の目に晒されて、少しでも浄化されていくことを願うばかりです。

記事を見る

舛添知事個人の問題に留まらない、東京都政の情報隠蔽体質 -首都大学東京の中期目標を例に-

(0) コメント | 投稿日 2016年06月19日 | 09時01分

議論を丁寧に汲みとって進めていくことこそが、民主主義化における政治決定のプロセスに最も重要なことのはずです。

記事を見る

オリンピックと議会解散を盾に、都民を恫喝する「嘘つき舛添知事」には不信任しかない

(4) コメント | 投稿日 2016年06月14日 | 11時12分

集中審議で、知事を事実上かばい続けた自民党は、これでも知事を支えようとするのでしょうか?

記事を見る

1時間以上も早く終わった異例の都議会本会議に、舛添知事の誠意は一切なし

(1) コメント | 投稿日 2016年06月09日 | 10時28分

舛添知事は、記者会見以上の言葉を一切発することはありませんでした。

記事を見る

ネットメディアは「報道機関」ではない?!驚きの都議会が、旧体質から脱却できない理由って

(5) コメント | 投稿日 2016年06月05日 | 09時28分

米国ではすでに伝統と実績のあるネットメディア「BuzzFeed」の記者が、「ネットメディアは報道機関としてみなしていない」という理由で、都議会の取材が制限されていた…

記事を見る

議会解散→失職も覚悟して臨む。もはや舛添知事は、民主主義システムの「バグ」である

(2) コメント | 投稿日 2016年06月04日 | 13時12分

システムの中に発生した「バグ」は、すみやかに取り除かなければいけません。

記事を見る

舛添知事「説明責任は果たさないけど、先に続投宣言だけはします!」都議会「えっ」都民「えっ」

(4) コメント | 投稿日 2016年06月02日 | 09時05分

こんな中途半端な決着は許されないと思っています。

記事を見る

舛添知事にきた大チャンスボール! 東京都は速やかに23区に児童相談所を移管し、里親委託(家庭養護)の促進を

(0) コメント | 投稿日 2016年05月29日 | 09時08分

施設養護が9割近くになり、子どもの最善の利益がないがしろにされてる日本で、今回の児童福祉法の改正は画期的な変化です。

記事を見る

報道はめっきり減ってしまったけれど、まだまだ熊本には支援の手が必要です

(0) コメント | 投稿日 2016年05月26日 | 11時45分

熊本震災関連のニュースはめっきり減ってしまいましたが、熊本はまだまだ支援が必要な状況です。

記事を見る

「多様な教育機会の提供」と「再チャレンジ」。定時制高校・三部制高校の実態を追え

(0) コメント | 投稿日 2016年05月24日 | 14時43分

先日、知り合いの紹介で都内にある単位制の「三部制高校」へと見学にお邪魔しました。

記事を見る

障害児用にテントを公園に建てるのはOK? 障害者差別解消法による「合理的配慮」の例とは

(1) コメント | 投稿日 2016年05月20日 | 09時04分

「合理的配慮」には公的機関の対応だけでなく、私たち自身の意識改革も必要です。

記事を見る