ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

おときた駿 Headshot

10%以上がコストの「子育て世帯臨時特例給付金」、申請が始まります

投稿日: 更新:
印刷

Yahoo!ニュースを見て思い出しました。

子育て臨時給付金の申請は忘れずに
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140616-00000005-resemom-life

自治体によって申請期間は異なるのですが、
我が北区でも対象者に申請書の発送が始まったようです。

2014-06-17-6.JPG

12月31日(水)当日消印有効とのことで、
申請受付期間はけっこう長いみたいですけど、
対象となる方は忘れずにお申込み下さいませ。

繰り返しになりますが、この

「子育て世帯臨時特例給付金」
「臨時福祉給付金」

前者が給付金1207億円に対して事務経費が202億
後者が給付金3000億円に対して事務経費が420億円となっております。
詳細は以前に書いた記事をば。

話題の「子育て世帯臨時特例給付金」、配るのにかかる費用が202億円!
http://otokitashun.com/blog/daily/2937/

申請方法を見ると、

・区役所が対象者に郵送で申請書を発送

・対象者が記入して、郵送で申込書を返送

・1ヶ月~2ヶ月後に、銀行振込にて対象者に支給

ということで、このオペレーションだけで
往復の郵送料、振込手数料が発生しているわけですね。

お問い合わせ窓口に専用フリーダイヤルまで設置するようですから、
問い合わせに対応する通話料、オペレーターの人件費も加わります。
それでもらえる金額が、一人1万円。。

税金を集めて、給付金として配り直すのに、また税金を使う。

やっぱりどう見ても、「筋が悪い」政策に見えてなりません。
「再配分」にコストをかけすぎる典型的な悪例といえるでしょう。

税金はそもそも、できるだけやすく。
行政はスリムに、かかるコストは最小限に。

きたる10%への消費税増税の際には、
こんな付け焼き刃の政策にならないよう
しっかりと監視をしていかなければなりませんね。

それでは、また明日。

◼︎おときた駿プロフィール
みんなの党 東京都議会議員(北区選出)/北区出身 30歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、地方議員トップブロガーとして活動中。

twitter @otokita
Facebook おときた駿

他のサイトの関連記事

子育て世帯臨時特例給付金 |厚生労働省

急に出てきた「子育て給付金」 なぜあまり報道されない? | THE PAGE ...

増税対策の臨時給付金 申請受け付け始まる

消費税増税緩和の2つの給付金 「子育て世帯臨時特例給付金」と「臨時福祉給付金」

消費増税と子育て世帯への2つの給付金制度 対象者と支給額について