BLOG

本気で「誰に入れたらいいかわからない!」という人のための、3分でわかる投票先の選び方

2015年04月10日 22時52分 JST | 更新 2015年06月10日 18時12分 JST

東京都内はまだまだ静かなものですが(4月19日スタートなので)、

都道府県議会選挙・政令指定都市地方議員選挙は4月12日(日)が投票日となっております。

皆さん、投票にはゼッタイ行きましょう!!

...というと、多くの方から

「国政ですらアレなのに、地方議員なんて一人も知らない

「誰に入れたらいいか、本当にサッパリわからない

というお声を多くの方からいただいきます。

2015-04-11-1428715405-5813235-37e3808047553cedb34daa9b1d7ab2a384.jpg

これに対する正しい答えは

「各候補者のホームページや市政報告などを見比べてみてください」

「選挙公報を読んで、選挙期間中は街頭の訴えに耳を傾けて...」

というものなんでしょうけれど、残念ですが、残念ですがわかってます。

多くの有権者の方々には、そんな時間も強い意思もないということを...

(これは普段から政治を身近に届けていない、わたしたち政治家の責任でもあります)

こういうことを現職が言ってはいけないと思うのですが、

「見比べて勉強して、シッカリした人に投票してくださいね!」

と教科書的なことしか伝えられずに、結局はよくわからないまま

投票を放棄されてしまっては、それこそまったく意味がありません。

そこで今日は、投票には行こうかなーと思ってるけど

何か一つくらい拠り所が欲しいという方に、ある基準をお示ししたいと思います。

まずもって今日のお話しの対象となるのは、

・現状の政治や市政・区政にはもやもやとした不満がある

・なんとなくだけど、変わらなければならないと思っている

という方々です。

現状になんら不満がない、地方議会はこのままでオールOK!

という方は、掲示板を見て一番有名そうな方に入れると思います。

またもちろん、しっかりした議員さんを知っている、応援している新人がいる、

実績がわかっている現職がいるという方は、そちらに投票しますよね。

それでは、「何かを変えたい」と思っているけど投票先が決まらない皆さまは、

投票箱に向かう前に以下の3つの視点で掲示板を眺めてみてください。

1.男性か女性なら、女性の候補を選ぶ

現在、地方議会に占める女性議員の割合は、わずか1割強と言われています。

「現状を変えたい!」ということであれば、女性の比率を増やしていくことはその近道です。

先日の私のブログでもご紹介させていただいた通り、

女性議員が多い地方議会ほど活発であるという興味深いデータもあります。

【メモ】議員平均年齢若いほど、女性議員が多いほど、政策立案・条例可決が活発なことが判明!

http://otokitashun.com/blog/memo/6723/

議会の雰囲気を手っ取り早く変えていくためにも

男性より女性候補者を選ぶ方が、その可能性は高そうです。

2.現職か新人なら、新人を選ぶ

当然のことながら、現職には実績があります。

もしあなたがその議員を知らないとすれば、完全な実績不足とも言えるわけです。

加えて、議員の任期は4年間。

新入社員も立派な中堅社員へと成長するくらいの時間です。

一期目に目新しい活動や改革ができなかった議員が、

二期目に突如として急成長をして新たな取り組みをスタートする可能性は、

残念ながら低いといえるでしょう。

その点新人は、実績がないぶん完全な「未知数」ですが、

変革を起こせる蓋然性は現職より高いと言えます。

新人ならではの視線・感覚・発見は非常に重要です。

経験も確かに大事ですが、安定した行政運営をするだけならば、

それこそ公務員にすべてを任せておけばいいのです。

政治家に求められる能力は、問題発見力と問題解決能力。

前者についてはやはり、曇りなき目を持っている新人にこそできるというものです。

3.上記が同じ条件なら、より年齢が若い方を選ぶ

女性かつ新人が複数いるなら、もしくは逆に女性も新人もいないという状況なら、

一番若い人を選んでおくのがベターです。

若いということは、もっとも変化の可能性があるということです。

上記リンクで紹介したデータでも、平均年齢が若い議会ほど活動が活発である点が示されています。

また地方自治体によっては、平均年齢が60歳を超えている議会が散見されます。

東京都議会の平均年齢は2013年時点で53歳でしたから、

今年で55歳ということになります。

「若者が減る社会は危険なほど革新的でなくなり、技術や豊かさ、知識や芸術面でも遅れを取る」

(英国王立委員会報告/1949)

若者人口が多い国家はエネルギッシュで改革的である反面、

不安定で暴力的になる傾向などは人口学・政治学上でも指摘されているところです。

議会でもある程度、同じ力学は働くでしょう。

不安定ということは、それだけ変革へのチャンスが多いとも言えます。

停滞した議会を活性化させるもっとも単純な方法はやはり、

多くの気鋭の若者を送り出すことなのです。

冒頭の繰り返しになりますがもちろん、

各候補者の政策や人となりを比べて投票することがベストです。

しかしながら、何がなんだかわからないから投票に行かなかった、

友達に頼まれた人に投票してしまった...という結果になるよりは、

1.男性か女性なら、女性の候補を選ぶ

2.現職か新人なら、新人を選ぶ

3.上記が同じ条件なら、より年齢が若い方を選ぶ

以上の観点で、掲示板や選挙公報を眺め、ぜひ投票してみてください。

貴方の街の議会にも、次の4年間で少しだけ変化が訪れるかもしれません。

それでは、また明日。

(2015年4月10日「おときた駿ブログ」より転載)