Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

おときた駿 Headshot

2時間だけでも駅前に立てばわかる、残酷な事実って...?18歳選挙権、「票育」への提案

投稿日: 更新:
印刷

こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。
今朝は王子駅前・サンスクエア側で朝のご挨拶をさせていただきました。

こちらの場所は朝街頭のルーティンに入っていなくて、
この時間に立つのは1年ぶり以上?!でしたが、

「Twitter、見てますよ!」
「いつも頑張ってるねー」

等々のお声がけもあり、本当にありがたい限りです^^
もうこの季節の駅頭は最高ですね、寒くないし。

hyoiku

写真は先週末に赤羽駅前での写真。
4月からうちの事務所にきたインターン生たちも、ぼちぼちと一緒に立ち始めています。
初めてのチラシ配りが終わった後に述べるコメントは一様に、

「若い人たちって、こんなにも受け取ってくれないものなんですね...(愕然)」

そうなんです。。
私なんてもう慣れっこになってしまいましたが、
確かに最初に選挙のお手伝いをした時は、その差に愕然としたなあ...。

チラシに手を伸ばして下さるのも、
立ち止まって声をかけてくれるのも年配の方ばかり。
長時間立っていたって、若い方の「生の声」にはなかなか触れられません。

だからこそ同年代や、自分より若い世代に声をかけられると、
それはもう飛び上がるほど嬉しかったするのですが...。

街頭での手応えもない上に、実際の投票率も圧倒的に低い。
議員事務所でインターンをして2時間だけでも駅前に一緒に立てば、
なぜ政治が高齢者のためのものになるのか、肌身で実感できると思います。

ちなみに18歳選挙権が始まって、
教育現場での様々な「票育(政治教育)」の可能性が議論されていますが、

「議員と一緒に、駅前で2時間だけでもチラシを配ってみる」

というのを体験してみるのがいいんじゃないかと、
半ば本気で思ったりしています。政治活動期間なら高校生もできるはず。

チラシをもらってくれない辛さがわかると、
自分でも積極的にチラシを受け取るようになりますしね。
まったく自分に関係ない不動産の広告とかまでも...。

そんなことを頭の片隅で考えながら、
まずは自分のインターン生に現場の厳しさを叩きこみつつ、
過ごしやすい春の期間に集中的に駅前に立って行きたいと思います。

お見かけしたら、ぜひお気軽に声をおかけ下さいませ。
それでは、また明日。

(2016年4月25日 「おときた駿 オフィシャルブログ」より転載)

他のサイトの関連記事

総務省|現行の選挙運動の規制

選挙運動と政治活動|浦安市公式サイト

選挙運動(せんきょうんどう)とは - コトバンク