BLOG

【東京タワー、すみだ水族館ほか】TDL、USJだけじゃない!めっちゃ使える東西年間パス6選

2015年09月01日 15時33分 JST | 更新 2016年08月30日 18時12分 JST

2015-08-31-1441003895-7434620-0831_sirabee_01.jpg

年間パスポートといえば東京ではディズニーリゾート、大阪ならUSJを思い浮かべる人が多いだろう。しかしもっとお手頃で身近な施設でも、年間パスポートを扱っているところが実はたくさんあるのだ。

■東西の人気展望台、年間パスポートなら眺望以外も楽しめる!


1:東京タワー(東京都港区)

2015-08-31-1441003943-1636017-0831_sirabee_02.jpg

©iStock.com/GNICO

・年間パスポート:8,000円

・通常料金:大展望台+ 特別展望台セット券1,600円

・元が取れる利用回数:5回

・年間パスポート詳細ページ  http://www.tokyotower.co.jp/55/index_12.html

東京スカイツリー完成後も、東京を象徴する建物としてまだまだ人気の東京タワー。年間パスポートでは、大展望台(150m)がいつでも利用可能。特別展望台(250m)は、平日のみ利用可能だ。

東京タワー内にある「club333」では生演奏のライブやDJイベントを毎日開催しており、景色を眺める以外の楽しみ方もできる。

2:あべのハルカス展望台「ハルカス300」(大阪府大阪市阿倍野区)

2015-08-31-1441004049-1982156-0831_sirabee_03.jpg

・年間パスポート:4,900円

・通常料金:1,500円

・元が取れる利用回数 4回

・年間パスポート詳細ページ http://www.abenoharukas-300.jp/observatory/passport.html

2014年3月に大阪に誕生した、日本一高いビル「あべのハルカス」にある展望台の「ハルカス300」。地上300mにあるビルの展望台からは、大阪市内はもちろん天候が良ければ、明石海峡大橋、生駒山、関西空港などが見渡せる。

ハロウィーンやクリスマスなど、季節に合わせたイベントもおこなわれているので、1シーズンに1度来館するだけで元が取れる。年間パスポート保有者は団体予約や日時指定券と同じ場所から入場するので、混雑時でもスムーズに入場できるもの魅力だ。

■地元民なら即買い必須! コスパ最高の水族館


3:すみだ水族館(東京都墨田区)

2015-08-31-1441004116-356391-0831_sirabee_04.jpg

※画像はすみだ水族館公式サイトのスクリーンショットです

・年間パスポート:4,100円

・通常料金:2,050円

・元が取れる利用回数:2回

・年間パスポート詳細ページ http://www.sumida-aquarium.com/info/pass.html

東京スカイツリーのお膝元にあるすみだ水族館は、都内にいながらチンアナゴからオットセイまで、さまざまな海の生物を鑑賞できる。参加型体験プログラムも随時実施しているので、生物についてさらに知るのもいいだろう。

なにより2回行けばもう元が取れてしまうので、近隣に住んでいるなら手に入れておいて損はない。

4:海遊館(大阪市港区)

2015-08-31-1441004201-9254084-0831_sirabee_05.jpg

※画像は海遊館公式サイトのスクリーンショットです

・年間パスポート:5,000円

・通常料金:2,300円

・元が取れる利用回数:約2.2回

地元大阪の人はもちろん、観光客も多くが訪れる海遊館。USJから近いため、初日にUSJに、2日目に海遊館に行くプランを組む旅行者も多い。

年に3回以上訪れるなら、年間パスポートを購入をした方が断然にお得だ。

■草花を愛で、趣を楽しむ


5:都立9庭園共通年間パスポート(東京都)

2015-08-31-1441004201-9254084-0831_sirabee_05.jpg

※画像は東京都公園協会のスクリーンショットです

・年間パスポート:4,000円

・通常料金:150〜300円

・元が取れる利用回数:約14〜27回

・年間パスポート詳細ページ http://teien.tokyo-park.or.jp/event/080115_passport.html

東京都が運営・管理をする浜離宮恩賜庭園、小石川後楽園などの庭園に対応した年間パスポート。元が取れる回数だけ見ると高く感じるかもしれないが、9カ所にも対応しているなら納得だ。

かなりのマニア向けとも言えるが、庭園では季節ごとの花を楽しめるところが多ので、草花を愛する人には欠かせないものと言えるだろう。

6:長居植物園(大阪府大阪市東住吉区)

2015-08-31-1441004261-5324326-0831_sirabee_06.jpg

・年間パスポート:1,000円

・通常料金:200円

・元が取れる利用回数:5回

・年間パスポート詳細ページ http://www.nagai-park.jp/n-syoku/hours.html

セレッソ大阪のホームスタジアム、「ヤンマースタジアム長居」もある長居公園。その園内にある植物園「長居植物園」も、年間パスポートを販売している。

植物に興味がない人には魅力が伝わらないと思うが、植物園は微妙な四季の変化により鑑賞できる花も変わる。その度に足を運ぶ人にとっては、年間パスポートは大いに有効だ。

■身近な施設の年間パスポートを探してみよう!


上記で紹介した以外でも、多くの施設が年間パスポートを取り扱っている。特に動物園や水族館は、かなりお得な価格設定をしているところが多い。

時々足を運ぶ施設があるなら、年間パスポートがあるか一度確認をしてみるといいだろう。

(文/しらべぇ編集部・ニャック

※料金はすべて大人料金を参照しています

【人気記事】

いつでも「ケンタッキー食べ放題」が楽しめる大阪・小野原店が最高すぎる!

当たりハズレが激しい「原作実写化」が成功する3つの共通点とは?

4割の人が罪悪感で使えない?知らないと損する「有給休暇」の正しい知識

「君、もしかしてCA?」CAかどうかは普段思わずとってしまう「職業病」で見抜ける

「合コンにチェーン店はありえない!」はウソ!?チェーン合コンしたがる30代男性

気になるアレを大調査ニュース「しらべぇ」の記事をFacebook ページでも
気になるアレを大調査ニュース「しらべぇ」の記事をTwitterでも