BLOG

青森県民しか読めない標語が話題に アナタは読めるかな?

2016年01月21日 23時49分 JST | 更新 2017年01月19日 19時12分 JST

2016-01-20-1453282068-4493117-sirabee_20160120_p1.jpg

Photo By  しらべぇ編集部

自動車事故などの防止に役立つ、交通安全を推進する標識や標語の看板は、全国の主要道路付近でよく見かける。

どれも非常に分かりやすいものが多いが、青森県弘前市にある俳句を使った標語は「青森県民しか読めない」とたびたび話題になっているようだ。

いったいどのような標識なのか? インターネット上でよくアップされているものは、以下のとおりである。

「うぬうぬど けんどわだれば ひがれるろ」

アナタは読めただろうか? もし読めたなら、きっと青森出身か、身近な人に青森県民がいる可能性が高い。気になる正解はコチラ!

「あわてて道路を渡ったら(車に)ひかれちゃうよ!」

――という、しごくシンプルな内容なのである(笑)。ちなみに五所川原市出身の女性に聞いたところ、「うぬうぬど」はほぼ使わないらしく、分からないようだった。

つまり、青森県民でも津軽弁に詳しいか、かなり年配の人でないと分からないのかも? みんなが気になって注目しているという意味で、弘前市警察署としては大成功なのではないだろうか。

(取材・文/しらべぇ編集部・雨間ゆうすけ

【人気記事】

宮城県民が全国区だと勘違いしている『納豆もち』がウマすぎる件

【自然言語解析で判明】今年の世相を現す「広告コピー」はコレだ

「専業主婦」が時代に合わないと思うのは中高年女性と判明

【黙って戻ると犯罪】乗り越し分をできるだけ安くする方法

【派閥も超える】SMAP中居くん流かっこいいお年玉の渡し方

気になるアレを大調査ニュース「しらべぇ」の記事をFacebook ページでも
気になるアレを大調査ニュース「しらべぇ」の記事をTwitterでも