BLOG

「飲みに行きたくない平日ランキング」を発表!1位は納得、意外すぎる2位とは?

2014年08月17日 23時38分 JST | 更新 2014年10月17日 18時12分 JST
DAJ via Getty Images

人が飲みに行きたくなるときって、どのようなときでしょうか。仕事が終わってパーッとしたいとき、辛いことがあって話を聞いてほしいとき、色々な状況があると思いますが、翌日仕事が休みの日の夜は特に飲みに行きたい気持ちが高まるのではないでしょうか? たとえば土日が休みの方の場合、金曜日がもっとも飲みに出かける頻度が高いというのは、居酒屋の混み具合を見るとよくわかりますよね。

■意外? 金曜日に飲みたくない人はけっこういる!

では一方、飲みに行きたくない曜日というのはあるのでしょうか? 金曜日が飲みたい曜日なら、飲みたくない曜日は何曜日?

今回は、この疑問に切り込んでみました。

【質問】もっとも飲み会に行きたくない曜日は?(土日は除く、男女1500人に調査)

1位:月曜71.4%

2位:金曜13.8%

3位:火曜6.2%

4位:水曜5.2%

5位:木曜3.4%

月曜日がダントツですね。これから1週間が始まる日の夜は、体力温存をかねて早めに帰宅してグッスリ寝る、という人が多いのでしょうか。

■金曜日に飲みたくない2つの理由

この結果で注目したいのは、2位につけているのが金曜日であるということです。飲みに行く人が多いと思われる金曜日が、なぜ飲みに行きたくない曜日として2位につけているのでしょうか?

そこで「金曜日は飲みに行きたくない」と答えた土日休みの方数人に話を伺ってみたところ、その理由は大きく2パターンありました。

1つは、早くプライベートの時間をつくりたいから、というものです。1週間の仕事が終わった金曜日の夜は早く家に帰って趣味の時間に費やして休日を満喫したり、家族の時間をつくりたいと考える人がいるようなのです。2つめは、金曜日の飲み会は激しくなりがちだから、というものです。

前述したように、翌日が休みである金曜日の飲み会は、大人でもいつも以上にハメを外しがちです。そのため、会社の上司や先輩と金曜日に飲みに行く場合、無茶をしなくてはならない可能性が高いというのです。特に20代の方でこうした回答が目立ったのは納得です。

■少数派! 月曜日に飲みに行きたい人たち

最後に、少数派である月曜日に飲みに行きたい人の意見も聞いてみました。彼らがこの日に飲みたがる理由は、休みあけの仕事終わりはドッと疲れが出がちなため、というものです。疲れたから飲みに行きたい、という人にとって、月曜日は意外とこれに当てはまるいうのです。なかには、「これから始まる一週間に対しての気合い入れ」と答えた人もいます。

このように、飲みに行きたい曜日は意外と人によってバラバラ。不快な思いをさせないためにも、事前にこうしたことを伺っておくことが飲みに誘う上で重要なポイントになってくるのでしょう。

【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo」

調査期間:2014年7月22日(火)~7月25日(金)

対象:全国20代~60代 男女ユーザー計1500名

(文/しらべえ編集部・石川海老蔵)

【人気記事】

職場の飲み会に参加したくない人が最多なのは男女とも30代 その納得の理由とは?

1杯目にビールを注文する20代女性はわずか19.3%!では、男性はどのくらい?

「海外在住の日本人は関西出身が多い?」そう感じる人が多いから検証してみた

【内田理央、こんなだけどタレントです】ニューバランスの靴を履けない理由

声に出したい、響きだけ忘れられない...語呂の良い世界史用語を10語選出してみた

facebookの公式アカウントをフォローする

Twitterでしらべぇをフォローする