BLOG

GWにTDR行くならNGC!? ディズニー好きカップルが宿泊すべき穴場を大調査

2015年04月19日 23時24分 JST | 更新 2015年06月19日 18時12分 JST

2015-04-18-1429360914-7276278-0419_sirabee_01.jpg

Photo by hiroshi ataka on Flickr

4月1日より、1日フリーパスである「ワンデーパスポート」の価格が6400円から6900円へと500円値上げになった東京ディズニーランドとディズニーシー。

さらに、一律2000円だった駐車場代も普通車の料金が平日で2500円、土日祝日は3000円に値上げされ、ゴールデンウイークをディズニーリゾート(TDR)で過ごしたいカップルにとっては、少々財布をこづく事態になっています。

そこで今回、そんな皆さんを助けるべく、ある調査を実施しました。

時間に確実で運転に疲れることもない電車での移動に注目し、さらに2日間思いっきり楽しみたいカップル向けに、TDRから電車で30分圏内にある14駅周辺を対象に、2015年4月25日にカップルで1泊した場合を想定して平均宿泊費を調査してみた次第です。

■意外な穴場「人形町」の利便性! そして最も安いのは?

調査の結果、都内の場合、舞浜から25分の距離にある東京メトロ日比谷線の「人形町」(平均宿泊費:1万1843円)と、次いで舞浜から22分の距離にある同じく日比谷線「茅場町」(1万2191円)がリーズナブルな価格帯の穴場であることが判明しました。

2015-04-18-1429361020-6031043-0419_sirabee_02.jpg

この辺りに宿泊すれば、舞浜周辺のホテルに宿泊する場合と比較して、パークの値上げ分を吸収して余りあるデート代の節約が期待できます。

また、30分圏内全体での最安値は、京葉線「千葉みなと」の1万66円です。都内を中心に考えると同駅は遠く感じますが、なにせ舞浜から乗り換えなし。どうせ翌日もTDRに遊びに行くのだと割り切って考えれば、カップルでほぼ1万円という平均宿泊価格は光を放つ存在です。シンデレラもびっくりの穴場と言えるでしょう。

■利便性と値ごろ感が両立したのは、意外にも「東京」と「秋葉原」

ついつい安いところばかりに注目してしまいがちですが、今回最も意外に思えたのが、「東京駅」周辺の利便性です。

日本最大のターミナル駅で、かつ「舞浜」まで15分の利便性にありながら、ここは2人で1万8949円の平均価格で宿泊できます。鉄道で北関東、東北、東海方面からTDRに向かうカップルにとって、東京駅周辺は実に便利かつリーズナブルな選択肢であることが分かりました。

また、TDRだけじゃない東京を楽しみたい旅行者にとっては、今回の調査では28分とギリギリ圏内の立地にはなりますが、「秋葉原」(1万6697円)という選択肢も魅力的です。

いずれにしても、今回のデータは3月上旬時点での空き室を元に集計したもの。状況は日々刻々と変化しています。それを念頭においていただき、みなさんのGWの予定作りの参考にしていただければ幸いです。

■調査概要

ディズニーリゾート(舞浜駅)まで電車で30分圏内の全49駅のうち、宿泊施設が3件以上存在する14駅を抽出。対象の宿泊施設は、2015年3月にインターネット上に宿泊施設情報として掲載されていた全132件。

抽出した駅ごとに、2015年4月25日の1泊大人2人1部屋朝食付きプランの平均価格(2人分の価格)を算出し、ディズニーリゾートからの時間と方角との関係性と共に可視化

(文/かっこ株式会社・成田武雄

【人気記事】

【糖質制限ダイエットに完全対応!】リンガーハット「麺抜きちゃんぽん」の衝撃!

【沖縄グルメ】「骨についた肉がもったいない!」から生まれた伝統料理「骨汁」

【ショック】次の恋人候補ができたら「乗り換える」と考える人は◯%もいた!?

男性のあの部分に魅了される女性は19.4%! 努力しなくても今すぐできる魅了術も紹介

【伝統】「国産い草・たたみ」は消滅寸前!こんな嬉しい効果があるのに!

気になるアレを大調査ニュース「しらべぇ」の記事をFacebook ページでも
気になるアレを大調査ニュース「しらべぇ」の記事をTwitterでも