BLOG

【カーネルおじさんも仰天?】日本で人気のケンタッキー「あの国」ではメニューが違う?

2015年07月27日 23時22分 JST | 更新 2016年07月25日 18時12分 JST

しらべぇでは以前、台湾のコンビニ密度の高さについてお伝えしましたが、マレーシアのKFC(ケンタッキーフライドチキン)密度も負けていません。

首都クアラルンプールなどが発展を続けるマレーシアでは、街の至るところに「KFC」が店を開いています。

■KFCが多い理由は宗教が関係している?

2015-07-25-1437840454-6729410-0726_sirabee_01.jpg

イスラム教やヒンドゥー教など、宗教が混在する多民族国家マレーシア。

豚肉はもちろんのこと牛肉もあまり食べられないこの国で、もっとも一般的な肉といえばチキン。街を歩いていると、飲食店やマーケットでは鶏肉を店頭に置いている店がたくさんあります。

そのためマレーシアの人々にとってKFCはなくてはならない存在なのかもしれません。実はマレーシアのKFCでは、日本ではなかなかないある光景を見ることができるのです。

■マレーシアKFCでは、まさかの◯◯◯が出る!?

2015-07-25-1437841069-7927688-0726_sirabee_02.jpg

その光景はセットメニューを注文した時に発見できます。マレーシアKFCではなんとチキンにセットで「ご飯」がついてくるのです!

通称「カーネルライス」と呼ばれるご飯に、グレイビーソースのようなものをかけて食べるのがマレーシア流。

ちなみに、このピンク色の飲み物はローズシロップドリンク。想像をはるかに超える甘さなので、日本人の舌にはちょっと合わないかも。

■人気メニューはご飯入りのツイスター?

2015-07-25-1437841156-5413620-0726_sirabee_03.jpg

画像はマレーシアKFCホームページのスクリーンショットです

画像は「ジンジャーライスラップ」という日本KFCの「ツイスター」にあたるもので、なかにはぎっしりとご飯が入っています。

お昼過ぎに買いにいくと売り切れているほど、現地では人気のメニュー。

■欧米化の中にも自国のカラーが入ってる

2015-07-25-1437841416-8276608-0726_sirabee_04.jpg

画像はベトナムKFCホームページのスクリーンショットです

その他、東南アジア諸国では、タイやベトナムのKFCでもセットメニューにご飯が出てきます。

日本のKFCはほぼ「アメリカ仕様」と言ってもいいかもしれません。しかし、マレーシアをはじめとする東南アジアでは、世界的チェーン店だとしてもメニューのなかにその国の食文化がしっかりと反映されているようです。

欧米化が進む中、でも地域色を残しながら発展しつづけるマレーシア。訪れた際には、ぜひKFCに立ち寄ってみてはいかがでしょう。

(文/しらべぇ編集部・渡辺夏実

【人気記事】

もし自分が死んだらイヤな食べられ方は? 3位干物、2位丸焼き、1位は...

【昆虫グルメ】もっともおいしい虫のひとつ「セミの幼虫」を丸かじり!

【恋愛】デート場所で判別!「仕事ができるイケメン」は○○に誘う?

【寿司豆知識】ブリ・ハマチ・カンパチの違いを解説! 実は白身魚じゃない?

【人はこうして逆ナンされる】逆ナン経験者に当時のエピソードを聞いてみたら

気になるアレを大調査ニュース「しらべぇ」の記事をFacebook ページでも
気になるアレを大調査ニュース「しらべぇ」の記事をTwitterでも