BLOG

【東日本大震災で支援も】8000名が亡くなった「ネパール地震」募金済みの人は15%

2015年05月13日 01時11分 JST | 更新 2016年05月11日 18時12分 JST

2015-05-11-1431355384-6499685-0511_sirabee_01.jpg

画像出典:Wikipedia

4月25日、ネパールの首都カトマンズ北西を震源とした、マグニチュード7.8〜8.2の地震が発生。

死者は周辺国も合わせて8000人を超え、被災者数は800万人以上と報じられている

日本政府は、地震発生当日に国際緊急援助隊の派遣を決定。26日に国際協力機構(JICA)の救助チームが、28日には医療チームが派遣された。

また、10億円規模の緊急無償資金協力を実施することも発表されている。

■東日本大震災で毛布5000枚を送ってくれた最貧国ネパール

2015-05-11-1431355426-3160712-0511_sirabee_02.jpg

Photo by Mark Stroud

2011年の東日本大震災の際、世界各国から義援金や緊急援助隊などの支援が届いたが、ネパール政府も毛布5000枚を提供

ちなみに国連開発計画によると、ネパールは1日1ドル未満で生活する割合が19.7%で、1日のカロリー摂取が必要最低限に満たない人は、人口の36.4%(2010年)。国連が定めた48ヶ国の「後発開発途上国」のひとつだ。

2015-05-11-1431355598-1011923-0511_sirabee_05.png

画像はスクリーンショットです

■すでに6人に1人が募金済み

そこで、しらべぇ編集部では、アンケートサイト「マインドソナー」を使って、「ネパールの地震被害に対して募金したか」を聞いてみた。

2015-05-11-1431355662-741929-0511_sirabee_03.png

今回の調査では、15.8%、およそ6人に1人が、すでになんらかの募金をしていることがわかった。これが、多いのか少ないのかは、読者の判断にゆだねたい。

しかも問題は、他人ではなく自分がどうするか、である。

■日本赤十字社ではネットでの募金も受付中

いざ「募金をしよう!」と思い立ったとき、「どこに寄付すればいいのか」「どの団体は信頼できるのか」など、悩んでしまうこともあるだろう。

2015-05-11-1431355714-9024499-0511_sirabee_04.png

画像はスクリーンショットです

その歴史や体制から、日本赤十字社はとりわけ信頼を集めているように見える。しかし、自分の目でしっかり判断することが納得感につながるだろう。

なお、赤十字の場合、ネットからクレジットカードでの募金もできる。マイページをつくっておくと、次から募金するときにも便利だ。

(文/しらべぇ主筆・タカハシマコト

【人気記事】

【厚切りジェイソンにツッコむ】結局、なぜ「4」の漢字は「四」なのかが判明!

【自分磨き】30分で無料で取れる「資格」も!ちょっと変わった検定3選

【もはや戦場?】男性諸君!これが「女子がトイレに長時間こもる」理由だ!

服はあるのに「着ていく服」がない!年収300万未満は1000万以上の2.6倍困ってる?

実は2種類あった!ココナッツオイルは身体に良いものだけではない!?

気になるアレを大調査ニュース「しらべぇ」の記事をFacebook ページでも
気になるアレを大調査ニュース「しらべぇ」の記事をTwitterでも