BLOG

「本物のビールよりノンアル好き」な人がいる!?あの職業では顕著に...

2015年09月13日 17時05分 JST | 更新 2016年09月04日 18時12分 JST

2015-09-04-1441403035-391123-0905_sirabee_01.jpg

©iStock.com/Photojope

ビールが最高にうまい季節である。正確に言えば、頑張った仕事のあとやお風呂上がりなど、ビールは年がら年中おいしいわけであるが、「夏に飲むうまさは格別!」 と感じる人も少なくないだろう。

最近、テレビCMなどでよく見かけるのが、アルコールが0.00%のノンアルコールビール。「ビールテイスト飲料」とも呼ばれる。

きっかけは、世界初のアルコール0.00%として2009年に発売された「キリンフリー」。デビュー時には、大々的な広告キャンペーンを展開した。

その後、サントリー「オールフリー」、アサヒ「ドライゼロ」、サッポロ「プレミアムアルコールフリー」と大手メーカーがブランドと個性を活かした商品でしのぎを削っている。

2015-09-04-1441403059-9598716-0905_sirabee_02.jpg

ここ数年でだいぶ普及したように見えるノンアルコールビール、もはや「ビールよりこっちのほうがいい!」と考える人さえ、いるかもしれない。そう考えたしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1345名を対象に調査を実施した。

■「ノンアルビールのほうがいい」は1割台

2015-09-04-1441403209-4290073-0905_sirabee_03.jpg

全体の9割近くは、「ノンアルビールよりは、本物のビールのほうがいい」と考えていることがわかった。

しかし、昨今の健康ブームや高齢化のせいか、完全にアルコールゼロのビールが登場してからわずか5、6年で本家以上のファンが生まれているのは、興味深い。

■職業別では、公務員の人気が「無職・学生」の約3倍

「ビールよりノンアル派」を職業別に見ると、仕事や組織のお堅さが影響している可能性が見てとれる。

2015-09-04-1441403230-6383895-0905_sirabee_04.jpg

民間の会社員がほぼ平均値なのに対して、公務員では約2倍。また、自由業・学生・無職といった人たちの間では、ノンアルコールビールの支持率はかなり低いようだ。

公的な仕事をしている場合、お酒のうえでのトラブルが起きると大きく報道されがち。勤める人たちにも、そうしたコンプライアンス意識が浸透しているのかもしれない。

公務員以外でも、お堅い職業の人は参考にしてみていただきたい。

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2015年7月24日~2015年7月27日

対象:全国20代~60代の男女1345名

【人気記事】

便意をもよおしたらココで降りろ!山手線全駅「トイレ個室の競争率」を徹底分析!

CA目線で分析!女性に「モテる男性」と「モテない男性」の違いとは?

女性が好印象持つ自動車メーカーは? 3位ホンダ、2位BMW、1位はみんな納得?

【調査】山本耕史と堀北真希の電撃婚...とはいえ先行きを不安視する人は○%も

「嫌いな人と同じ苗字」を不快に感じる割合は?女性に嫌われると...

気になるアレを大調査ニュース「しらべぇ」の記事をFacebook ページでも
気になるアレを大調査ニュース「しらべぇ」の記事をTwitterでも