Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

しらべぇ Headshot

【社畜大国】「ノー残業デー」なんて真っ赤なウソ...みんなの取得率を調査!

投稿日: 更新:
印刷

2015-11-11-1447205753-2963174-1111_sirabee_01.jpg
©iStock.com/DragonImages

世界有数の「働きすぎ大国」と言われる日本。平成になって四半世紀が過ぎ、「ワークライフバランス」という言葉がかなり市民権を得てきた今もなお、「社畜」「ブラック企業」が流行語になるなど、働きすぎ傾向は変わらないままだ。

一部の企業では、残業時間を減らす取り組みとして「ノー残業デー」なるものが設けられているが、果たしてちゃんと守られているのだろうか?

■半数以上の人が「守られていない」と回答

2015-11-11-1447206845-502518-1111_sirabee_02.jpg

全国20~60代で、勤めている会社にノー残業デーがある男女355人に聞いたところ、およそ半数が「ノー残業デーは守られていない」と回答した。制度として、ほぼ機能していないと言ってもいいだろう。

■圧倒的な男女差が明らかに

男女別・世代別では、かなり大きな差が見られた。ノー残業デー

20代は男女ともに比較的ノー残業デーを守っている。さとり世代の賢い働き方だろうか。また、すべての世代で男性が女性を上回り、30代、50代、60代ではその差も大きい。

業務の責任が増えると、サービス残業をせざるを得ないのが実情なのかもしれない。

■年収層で二極分化も

また年収別で見ると、大きくふたつに分かれた。

2015-11-11-1447206871-4468981-1111_sirabee_03.jpg

年収300万円以下と500〜700万円の層では守られていると感じている人が多く、300〜500万層と700万以上の人たちは6割がノー残業デーは破られていると回答。

「稼げるようになっても楽にはならない」というのが、日本の働き方の現状なのかもしれない。

■「他の日はイエス残業デーなのかよ...」ノー残業デー返上者の声

そこでノー残業デーを返上して働いたことのある人々に話を聞いてみた。

「水曜日が一応ノー残業デーってことになってますけど、なにせ仕事量が膨大すぎて終わらない。関係ないっすね」(23歳・男性/ITベンチャー勤務)

「基本的に水曜は定時の19時で帰れますけど、その後に仕事の飲みが入るので結局残業してるような感じです。残業代も出ないし、むしろ仕事してた方がマシ」(25歳・女性/PR会社勤務)

「ノー残業デーでたっぷり体を休めて、土日出勤して働きます」(22歳・女性/ゲーム会社勤務)

「そもそも、ノー残業デーって言葉が気に入らない。他の日はイエス残業デーなんですかっていう」(28歳・男性/広告会社勤務)

「労働基準法なんて概念は弊社には存在しません」(32歳・男性/商社勤務)

ノー残業デーという、日本特有の制度。どう利用するかは、どう生きるかに関わってくると言えるだろう。

(取材・文/しらべえ編集部・岡本拓

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年10月23日~2015年10月26日
対象:全国20代~60代の男女355名

【人気記事】
キャバ嬢が「このお客様ならマジでお付き合いしたい」と心奪われる4つのポイント
ハリセンボン近藤春菜が「店員から暴言」...一般人だと30代男性の2割が経験アリ
「この人、老けてる」とどこで感じる?3位は姿勢、2位は白髪。1位は?
霜降りから赤身の短角牛まで!肉バカ研究家が「お取り寄せ肉」の最適解を検証
「不倫」を見抜く方法が判明!?◯◯なときに信号無視する男女は...

気になるアレを大調査ニュース「しらべぇ」の記事をFacebook ページでも

気になるアレを大調査ニュース「しらべぇ」の記事をTwitterでも