BLOG

コンビニのタバコ購入に伴う「20才以上」ボタンは無意味と答える人は61.3%!

2014年10月03日 18時51分 JST | 更新 2014年12月02日 19時12分 JST

2014-10-02-20141003_sirabee_01.jpg

我が国の法律で20才未満の飲酒・喫煙が禁止されていることは今さら説明するまでもないでしょう。数年前より、コンビニでのタバコ・酒類の年齢確認がより徹底されることとなりました。これらを購入する際には、客がレジのタッチパネルを押して自らが20才以上であることを示させるようになったのです。

こうした年齢認証によって未成年のタバコ・酒類の購入を未然に防いでいるわけですが、この年齢確認の方法を「無意味である」と答える人がいます。

以下の調査結果をご覧下さい。

■61.7%が現状のタッチパネルの認証方法は無意味と回答

【質問】

コンビニで酒類やタバコを買うときにレジで客に「20才以上」のボタンを押させるのは、無意味だと思いますか?

2014-10-02-20141003_sirabee_02.jpg

・無意味である:61.7%

・無意味ではない:38.3%

(調査方法:インターネットリサーチ「Qzoo」、調査期間:2014年8月15日(金)~8月19日(火)、対象:全国20代~60代 男女ユーザー計1500名より抽出)

その数は6割以上に及びました。酒類やタバコ購入の際に年齢確認が必要であることは言うまでもないですが、彼らはこのシステムのどのようなところに無意味さを感じているのでしょうか。その声をお聞きください。

■「穴がありすぎる」「年配の客がキレないか心配」など懸念する声

「10代後半ならば、見た目から未成年と判断できない場合も少なくない。にもかかわらずあのボタンを押すだけでタバコを購入できてしまうリスクがある。未成年の購入を防ぐ方法として穴がありすぎる」(40代・女性)

「『ボタンを押すくらい別にいいだろう』という声が聞こえてきそうだが、そういう話ではないと思う。客にほとんど無意味な作業をさせないでほしい」(40代・男性)

「客に成人であることを申告させることで責任の所在を明確にさせる意図があるのだろうが、それがあのパネルにタッチさせることだとしたら、あまりに簡素」(20代・女性)

見た目が60才以上の人に年齢確認のボタンを押させるのはやめてほしい。見ていて客がキレないか心配になる」(20代・女性)

回答者は、未成年のタバコ・酒類の購入を防ぐべきと思っているがゆえに現状の年齢確認システムに不満を持っているようです。今後、ICカードや指紋による年齢認証システムが導入されるなど、年齢確認テクノロジーの進歩によってこうした不満の声がなくなっていくのかもしれません。

(文/しらべぇ編集部・高梁孝太郎

【人気記事】

スマホの暗証番号を家族・恋人に教えてる人の割合は?嫉妬深い妻への最適対処法も

スカルプケアブランド「ニョッキ」が刺激的な3つの点 マジックミラーで大興奮!?

"不倫騒動"の矢口真里が復帰!? 「78.4%が反対」もさらに立ちふさがる課題とは?

「本気」に飢えている?20代男性の20.7%が松岡修造さんに説教されたいと回答!

現在、胸が張り裂けそうな片想いをしてる人の割合を調査!40代の男女差に注目

気になるアレを大調査ニュース「しらべぇ」の記事をFacebook ページでも
気になるアレを大調査ニュース「しらべぇ」の記事をTwitterでも